(金) 00:00 公開作品
カラオケハッピー   夕街昇雪

 歌い終わった小生が目を開けると、クラスメイトのみなさんが一人残らず床に転がっていました。
「みなさん、どうしました!?」
 隣の席の灰谷君は両手を前に投げ出し、机にうつぶせになったまま沈黙しています。
 いつも可愛い中島さんは汗だくの青い顔をして、そのおしゃべりな口を両手で押さえたまま床に卒倒していました。
 教卓のそばでは音楽の先生が倒れています。黒板に「やめて」とチョークで書かれた文字は、さながらダイイングメッセージのようです。
 教室の窓ガラスが、まるで氷に熱湯をかけたようにひび割れていました。

 やはり今回もだめでした。小生が歌うと必ずこんな事態になってしまうのです。
「だから歌いたく無いと……」
 力なく溜息が漏れました。
... 続きを読む
(月) 00:00 日記
仕事から帰ると見知らぬ人から封書が届いていました。何だろ、新手の詐欺かなーとか
思いつつ封を開けると、自分の出した葉書への返事でした。そして普通にびっくり。
というのも先週思うところあって、面白い読み切りを描いた漫画家さんにファンレターを
二通出したんですけれど、封書はそのお返事の一通だったんです。

>>編集さんや友達等、身内以外の意見をいただけるのは
新鮮ですごい力になります。
(一部抜粋)
身内はどうしても手心が加わって、優しいですからね……。
小説批評サイトに自分の習作を出してレスをもらえたときの嬉しさ。
そして褒められた事が創作する原動力になった今だからこそ、
ファンレターは新人漫画家さんにもきっとプラスになると思って出しました。
そしてどうやら喜んでもらえたようです。うれしいなぁ……。
まだ読み切りを二本発表したばかりの新人漫画家さんですが、心情描写とコミカルな
動き&ダイナミックな力強い動きはもちろん、女の子も可愛く描ける人です。
絵だけではなく、(これは編集者との共同作業かもしれませんが)話が良くまとまって
います。
5/16発売のヤンマガに新作が載るそうなので、是非。
さて、あと二回で終わってしまうPS羅生門と、連載中の王様の仕立て屋にも出すかな。
(日) 00:00 日記
金星(サオマイ)というライブハウス(箱、と言うとかっこいいね)のイベントにて。
ノイズ系は分からないけれど、ブレイクコアとやらはかっこいいのでガスガス踊れる。
ツンツン女の子DJはリズミカルで中々いけた。イギリス人男女ユニットの
PRINTED CIRCUITは、
ハンディキーボードを二人仲良く並べて弾くのが微笑ましかったなぁ。
連れの一発ユニット谷町65535丁目の番が来ると、なんか手招きで俺様ちゃんを
呼ぶC-Typeたん。のこのこ行くと一段高いところへ登れという。登る素直な僕。
え、ここDJブースじゃん! Hallyさんが目の前で、アンプにつないだチップチューン
ゲームボーイアドバンスをエレキギターのように掻き鳴らしてるし!
いかレスラーの曲とか歌ったり、狭いブース内で縦ノリしたり。ううう、みんなが
見てるから機械をいじっている振りをしよう。ごそごそ。顔を上げられない私。
でもラスト、マイク片手に叫んでいた私。キャー! こんにちは俺! 新しい私!
なんか、去年夏の自虐で使った曲がライブでかかると、嬉しくなって体が反応しちゃって。
(土) 00:00 同人
 キチガイがオシャレーとか言うつもりはない。ただ、トンデモ本に取り上げられそうな
論理破綻した学説や実験には、明るい未来への夢と希望があると思う。
 葉っぱにゴテゴテと電極をつけた実験をして植物には感情があると言ってみたり、
真偽に関係なく世の中が楽しくなる。
 なんとなく思ったこと。EメールがNintendoDSみたいな手書きだったら。
データはベクタデータ+圧縮すれば割とコンパクトになる。でもすぐに飽きるかな。
去年の冬コミ会場でたまたま持ってきていた人同士がピクトチャットをやっていた。
うらやましくて、一期一会振りが素敵だった。

 先週ケスラーちゃんちで地球防衛軍とかまいたち2をプレイ。地球防衛軍面白いなぁ。
今度2が出るらしいけど。Doomはピンとこなかったけれど、何が面白かったのかを
突き詰めると面白そう。
 かまいたち2。蓑虫は面白いねー。普通に水車館の殺人とか移植しても面白そう。
 どうしても創作者としてみちゃうけれど、挿絵一切なし小説に比べれば書くのは楽そう。
その分演出に力が要るわけだけれども。

 今の予定。
5月は自虐をやらんとまずい。絵師さんを待たす事になる。もう待たしてるか。
6月は上手い事やれば文章修行できるが無茶ともいえる。
7月は自虐後半。
(去年はFlash演出ありVerを一ヶ月無職で半分作れた実績がある。
 今年は仕事ありだがFlash演出なしのノベルだし、実製作作業2ヶ月と見積もり)

 今日の予定。
午前中に散髪。以降は習作小説手直し。
21時前に難波ROCKETS&金星へ。音楽スタッフC-Type
たんのイベント。久々に何も考えずに踊ろう。かっぽれかっぽれ。
(木) 00:00 日記

  • 引越しおばちゃんがかわいそうになり始めた。塩じいにキチガイと呼ばれ、
    砒素カレーおばちゃんと同列に扱われ、余りにも救われない。
    とは言いつつ画像や音声アレンジ曲を持っている私は偽善者。
  • ある女性が職場の状況に対しクレーム。言っていることは正しいんだけれども、
    それが全ての原因じゃあないと思うんだけれど。気持ちの袋小路具合が
    引越しおばちゃんに似ていて痛々しい。
  • モノ書き知り合いの人が入院。ずいぶん愚痴を聞いてもらって悪いことした
    覚えしかない。どうか完治して欲しいです。
  • 批評サイトで喧嘩してくれるのかなーと思った相手が急に平謝り。駄目な私。
    若い子と同じレベルで喧嘩してどうするんだ。
    批評してくれた相手が暗い気持ちになるのは後味が悪い。

(火) 00:00 日記
自己中心的な意味合いで用いられるけれど間違いで、本来の意味は日本で言う
「セカイ系」だったら面白いな。なんか理解できそう。

劣等感の生み出した誇大妄想~「中華思想」の真相
<竹下義朗>
中華思想は劣等感の裏返しと考えると腹に収まる。変にかたくなでプライドが高く、
理論的に破綻しているのも中二病を併発しているとすれば説明がつく気がする。
精神的に未熟とか言いたいのではなく、侮辱の気持ちは一切無いのであしからず。
でも揚げ足を取るやつはどう書いたって取るんだろうな。
とりあえず落ち着け、喧嘩すんな。思春期な若者の扱いは難しいって事だと思う。
(日) 00:00 日記
ドラえもん新声優、自分的に100点満点です。一つ難点を挙げるなら、
五人揃った時に一度に喋ると、みんな若いために声が高く、区別がつかない点ですが、
多分慣れでしょう。一切のデマ、揶揄は霧散させる完成度。
のび太ママなんて芸達者のあの人だし、道具の実験モル……いや、リアクションの
役どころとしても最高!
わさび氏、十分いけてますよー。今は肩に力が入ってるけど、大山ドラの吹き込んだ
初期の歌、「ポケットの中に」「ドラえもん音頭」とか聞いてみな。大山さんも
頑張ってキャラつけてたじゃん。あんさんは一人じゃないですよ。
絵もいい。原作のドタバタ味、台詞もテイストを再現していると思う。
のび太の恐竜2005を見たいと思いました。
ベタ褒めなのは、のび太声優さんがメガネっ子だからではない。決して。
そして、お疲れ様。
(水) 00:00 同人
人柄が嫌われてもいいから、作品を愛してもらいたいな
2005/04/15訂正。こんな短文さえ満足に書けないのか。

私を好きにならなくていいですから、作品を愛してもらいたいです
(火) 00:00 同人
日曜にたまたま見たあるある大辞典Ⅱで、性格判断をやってました。こういうの普通は
見ないんですけど、伊集院が出ていたのでつい見てしまいました。正直に言うと、
きゃつの酷いであろう性格判断結果を見て、嘲り笑おうというさもしい心根で。
自分も参加してやってみたところ、精神年齢は歳相応だが、アイデンティティーが
全く無い、欠落しているとのこと。ほほぅ、今まさに現在進行形で、
自他共に認める中二病なのですねケケケケケ。

自分の遺伝子は将来に残さなくていいとか思ってることかしらん。
まぁ、文章修行で自信がぐらついているからでしょう。ストレスは全然無いという
診断結果もあるし。

あと、二月くらいに

夢野久作
の九十一作品を読破。ドグラ・マグラはまだですが。
めちゃめちゃ多様な作品群でした。色々いいのがありますね。「あやかしの鼓」には
天才が本気出しちゃダメー!ウワーン!と降参するしか無かったですし、「月蝕」を
はじめとした詩的な世界観の話、児童むけお話も素敵だし。もちろんミステリも。
猟奇事件と詩的な美意識の中間には「白菊」があると思います。多くの作品の注意書き
として「本作品中には不適切な表現があります」記述が目立つのはご愛嬌か(笑)
最近は、夢野久作に影響を受けたのかどうなのか微妙な習作を書いたり悩んだり色々。
(土) 00:00 感想
映画クレヨンしんちゃん オトナ帝国の逆襲<原作:臼井儀人 監督・脚本:原恵一>
WOWOWにて昼前やってました。ほぼアニメ夜話直後というのはイヤラシイけれど、
まんまとハマってわんわん泣きましたとさ。もはや自分が言うことは何もないでしょう。
日本人で、この時代に生まれてきてラッキーだった。それだけです。
ルサンチマン(1~4巻・完結)<花沢健吾>注意点。カバー裏を見るのは
読み終わってからにせよ。ちょいネタばれという理由の他に、個人的には作品の余韻
だと思うから。──てやんでぇ、漫画のカバー裏を見て泣いたのは初めてだ。
はいここからネタばれ注意。ミーのうるうるポイントは、
ラインハルトとたくろーの、ラスト室内コマでしたん。