(水) 00:00 日記
一番好きな喜劇人でした。謹んでご冥福をお祈りいたします。
CRAZY RHYTHM<CRAZY CATS>
著作権的にコラー! って事だけど、あえて全盛期のTV音楽番組の凄さをご紹介。この頃の芸能人は
玄人の芸を持ってて尊敬する。ちゃんと芸で稼げるプロだわ。
自虐・人形城の主人公、新太郎君の心の師匠は植木等。作品中にはそれらしさが描かれていませんが
……。まぁでも、案外タイミングとC調と無責任でやっていける面もあるし、そのぐらいのスタンス
だと楽ですよね。
あと最近はミッジ・ウイリアムスやエノケンを聞いて和んだり。

Youtube音楽特集。

Ceephax Acid Crew - Trolley Service Video<robocomm>
なんでオバハンやねんw テツ&トモがこういうのやってたよねー。
Hyperactive - Lasse Gjertsen<lassegg>
面白くてかっけぇ。下の奴はrobocommに近いけど、こちらの方が音も使ってる分上手くて面白いw
Aphex Twin - Monkey Drummer<tfp>
かっこいいサル。
ZWAIGANI&TARABAGANI / DJ KEMCO
<nantai/ スペランカーズ>
アクの強い通販番組がもっとひどくw
doravideo nodojiman YMO<ドラびでお>
日本の人らしいです。ドラムと映像のマッシュアップ!? ドラムを叩くと映像の再生・巻き戻し
などが出来るらしく、映像もライブ編集というところがポイント。
ノイバウンテンvsドラびでおvs大阪市長
が分かりやすいかも。

(日) 00:00 感想

魔乳秘剣帖<山田秀樹>
馬鹿馬鹿しくて好きw 踊る乳! 暴れる乳! 戦う乳!
台詞の中に乳という字が何文字あるか数えたらクイズになるなぁ。
最近の少年誌によくある風潮のちょいエロ漫画だけど、漫画が上手いから読んでて面白い。
アクションも術も冴えてる! 続きが読みてぇぇぇ(*゜∀゜)=3

(金) 00:00 同人
6/10(日)のComicCommunication 11に申込。
Asrielさんはここで知ったなぁ。黒葉さんにお会いしたり、みんなでメシ食ったり。
サークル活動を楽しみましょうかね~v
……でも今はHELL。

「人形城の箒神」、同人店頒布開始予定が5/1となりました。(出荷で一日二日のずれあり)
スタッフ一丸となって頑張ってま~す。

日本橋一丁目の月光仮面で尾道ラーメンを。平麺にあっさりしょうゆで食べやすい。飲んだ後とかに
ぴったりかも。

WOWOWで妖怪大戦争見た。ひどすぎて爆笑w でもそのひどさが確信犯的だもんなぁ。
水木サンの一言の締めはいいね。セックスと食欲と金勘定と妖怪のあの人らしくて好き。
さてさて鬼太郎アニメ、どうなりますことやら。
(水) 00:00 日記
三年ぶりに免許更新。ゴールド免許なので次は五年後かー。
前回の「古川橋逆セクハラ事件」のような出来事は起こらず。ちえー。


孤独のグルメ<原作:久住昌之、作画:谷口ジロー>
味気ないコンビニ弁当も疎遠になり、食事に楽しみがすっかり無くなっていた頃。
この漫画に出合って初めて、完全にコンビニ弁当から卒業できた。
食べ歩きサイトの紹介を参考に、週一ぐらいでお昼を外食にするのがひそかな趣味に。
予約など無しに何気なく立ち寄る飲食店での食事を中心に描いた作品で、丹念な描写と
独特の気の利いた感想が面白い。こういうとっても小説的な描写が読んでいて楽しい。地味に名作。


講習は三十分で終わった。免許更新により平日の昼間にぶらぶらする権利が。ひゃっほぅ。
学校が半ドンで終わったような嬉しさ。
昼食を求めて京橋をぶらぶらするが食指動かず。第二候補の天満へ。
天神橋筋商店街をぶらぶら。古本屋とリフレの店が多い。古本屋に行かなくなったなぁ。
話に聞く天満天神繁昌亭へ行ってみる。人だかり。夜席トリに桂文珍。だが当日券売り切れ。
ブームじゃなくてホントに繁盛してるんだなぁ。退職した団塊世代が支えているのかも。
きびすを返して駅の反対側へ。回転寿司もいいけど寒いし暖まりたい。
駅に戻る裏道で玉五郎の本店を偶然見つけた。煮干ラーメンもいいけど……ここはつけ麺で決めよう。
ラーメンは日本橋の二号店で食ったので。あと卵ご飯。ラーメンがおかずとして立ち上がってくる。
煮干しダシに浸けた麺うまー。このわざとらしい煮干し味! このつけ麺は正解だった。
ダシに浸ける割合を変えると味に変化を持たせられる。辛くなってきたらあまり浸けない、とか。
あっという間に食べ終わる。大盛りのほうが良かったか? 手持ち無沙汰で店内の張り紙に目を配る。
どうやら頼むと食べ終わったダシの鉢にラーメンスープを加えてくれるらしい。
スープ追加! そういうのもあるのか。なるほど、そば湯の要領だな。からうまー。
(月) 00:00 感想
でも書く。ずこー。

扉の外<土橋真二郎>
アイディアと着眼点に脱帽。素晴らしい寓話化。簡単なルールと寓話テーマをよく掘り下げていると思う。
(同人ゲーム「キラークイーン
のルールは、記憶力がない自分の頭では同時に全体像を捉えきれず参加できなかった……orz
あちきのオツムではじゃんけんカードやEカードが限界なの(´Д⊂)
ただ、主人公の人柄が大っ嫌い。中二病って言えば一言なんだけど……感想も表現の練習なので
しっかり書こうっと。書いてて気付くことも多いし。
(以下ネタバレ含む)
最初から最後まで自分以外に対しての愚痴を聞かされ続ける。他人に悪態をつく。惰性で女を求める。
手首の装置もすぐ外す(=協調を嫌う)くせに、とっとと部屋を出て行こうとしない。
意思決定から逃げ続けているだけだ。正直、このせいで読むのを何度も中断したかった。
そういう主人公描写で百パーセント? 構成されている
阿Q正伝”は
「俺なんでこんなの読まなきゃいけないんだろう」って途中で放棄したけど、
これはゲームの行方だけは見ておきたいので我慢して読み続けた。……ここまではいい。
強い人ばかりじゃないし、人間の汚い部分を主人公に集合させ書きたかったかったんだろう。
問題は、物語が終わりを迎えても結局逃げ続けていることだ。言葉にも態度にも意志が感じられない。
いい雰囲気になった女といちゃいちゃして、袋の鼠で現実逃避しているだけだ。
……あれ? これってセカイ系でありがちなパターンか?
行動をしないから失敗もしない、0という安住の地から一歩も動いていない。
決定したんじゃなくて流されただけだから。あくまで客観を貫き参加をしない。
……こいつは何も学んでいない。
そんな主人公より、汚い部分を見せながらも必死に生き抜こうともがく少女たちのほうが余程美しい。
主人公はどうでもいいから、少女たちの心情描写を読みたかった。

斉藤さん<小田ゆうあ>
「マナーの悪い若者を注意できますか?」現実からの直球。衝撃を受けた。心臓がばくばく言った。
“扉の外”に無いもの、セカイ系とやらが目を背けている物がここにある。
君に届け1<椎名軽穂>
みんなと仲良くしたいのに、その容貌から“ひるまサン”のように恐れられてしまう爽子ちゃん。
性格は非現実的なほど前向きだけど和む~。ええ子や……! これはこれで世間との対応の仕方だよね。
赤毛のアンを思い出した。(マリラ・カスバートのツンデレこそ至高だと思うのだがどうか)
少女ファイト2<日本橋ヨヲコ>
まだまだこれから。
ファイン4<信濃川日出雄>
綺麗にまとまってると思う。(はいネタバレ)一見何も変わっていないようだけど、その目には確かに意志が宿っている。
ハムサラダくん完全版(上・下)<吉田忠>
フィクションや小学生ギャグが多く、良くも悪くもコロコロテイスト。だが決して“まんが道”の劣化版ではない。男の子が持つコロコロ魂とでも言うべきなにかが血を熱くたぎらせる。
大人たちはあくまで脇役に徹し、少年たちを優しく見守り、時には厳しく叱咤する懐の深さにホロリ。
(プチネタバレ)先生が二人を見送るコマは、泣き笑える屈指の名シーンだ。
新ブラックジャックによろしく1
安定して面白いですね。顔の書き方がちょっと怖くなったけど(汗)
SBR11
今回はかなり面白い。他の話の支えがあってこそだけどね。
あのネタは「イソップ寓話+水木しげる」ですか!?
水惑星年代記1<大石まさる>
まぁまぁかな。でもこれはこのぐらいのまったり感こそがいいと思う。