上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(木) 23:11 図書館列車書庫
いろんなことがあって
冬コミには間に合わなかったり
思い通りには行かなかったりしたけれど
来年にもちこしつつもやってやんよ。


出張の行き帰りの新幹線。読書読書。
生物と無生物のあいだ<福岡伸一>【図書館列車書庫入り!】

おもしれぇぇぇ。文章上手いよね。読んでて楽しいもん。
科学好きのくせに知らなかった科学的発見が語られるだけでなく、良質の「NHKスペシャル」を見た時のようにエキサイティングで、かつてあったTV番組「知ってるつもり」のようにユニークな科学者たちの人物像やエピソードが語られる。
化学元素記号はHしか知らないという勝谷さんのお勧めでもある。科学好きな自分だけでなく、誰もが楽しめると思う。
「もう牛」も読みてぇ。Amazon楽だけど、なるべく地元の本屋で買おうっと。

ラウンダバウト<渡辺ペコ>
ああ、女の子ってこんな感じに生きてるんだなぁ。
女の子の日常。飾らない素直な描写と空気感が素敵。
案外、鬱屈した部分なんか男も女も変わんないんだなぁ。

光の大社員<OYSTER>
秘書のちはる君は目を描かない方が可愛いと思うんだ(挨拶)
妙に面白い。うーむ、感想を表現できないのが修行不足じゃ。

The Book<乙一>【図書館列車書庫入り!】

乙一小説としてもJOJOノベライズ・ファン作品としても良くできてます。JOJO好き、乙一好き、またどちらでない人にもお勧めできる小説です。
装丁から隅々まで行き届いた心配りが、ああ、こういう「本」を作れたら幸せだろうなぁと思います。

オリジナルキャラが既存キャラたちと互角に、クール目に戦う感じがけっこう香ばしい中二病臭がしてて。
正直、自分もよくこんな妄想するんだよなぁ。すげぇ楽しいし。
そういう中二病臭を毛嫌いしてたけど、やっぱ楽しくて人を惹きつけるんだと思う。
中二病≒外連味というか。歌舞伎の隈取りや宝塚メイクはやり過ぎで濃すぎるけど、やっぱり舞台の流れの中で見るとかっこよかったりするんだろうな。


……さて。私の作品を読んで下さってる方はお気づきかと思いますが。
この小説、私のアノ作品とネタがモロ被りしてる部分があります。それも本質がごっそりと。

「乙一みたいなプロットの面白さで勝負する作家と同じ事を考え、同じぐらい広げた!」
という点は素直に嬉しいし、
「俺が先に考えて発表したのに……。多分、このアイディアは(c)乙一って事になっちゃうんだろうな、あっちが有名作家&講談社がバックについてるし」
とも正直考えちゃうイケナイアタシ。

なので、なかなか複雑な気分です。

ただ、ラストシーンが映画「ゴーストワールド」ってのは確信犯だと思うブシェミよ。

関連記事
【図書館列車書庫】
スポンサーサイト
(月) 23:03 同人
忙しい。このふた月で四回目の出張。
新幹線回数券を買うついでに東京事変「娯楽」を購入。
今日寝ながら聞くよー。電気消して聞く事に集中して聞くのがとっておきの聞き方なので。

てか、「金魚の箱」って曲が映画「魍魎の匣」に使用されるという。
うわー、ちょっとした夢だったんだけどなぁ。自分の作品に椎名林檎のオリジナル曲をあててもらうの。
「さくらん」はいいとしても、妖怪ジャンルで使われちゃったので二番煎じになっちゃうなぁ。しくしく。
まぁ、それでも自分がやりたいと思えばやればいいんだけどね。

とりあえず、自分が良いと思ったらどんどんやるよ。
自分が違和感を感じたらどんどん直すよ。

関連記事
さっき思った事。客観視は難しい
最近思う事。自分が世間に関わり、影響を与えているのかなと妄想すると少し嬉しいね
最近思うこと。映画化も考え物だよね
(水) 12:39 感想
どうも。年末進行から現実逃避でブログ更新する夕街です。
一度決めた日付をおとながころころ変えるので間に入ってる身にはつらすぎてorz
へうげもの<山田芳裕
が面白いのは周知の事実として、もっとギャグ寄りの作品を紹介してみたい。
殿といっしょ<大羽快>
今は昔、どいつもこいつもな個性溢れる戦国武将たちのおとぼけほんにゃら戦国時代を描く四コマ漫画。
眼帯マニアの伊達政宗。とりあえず焼き討ちする織田信長。真田昌幸(父)、幸村(弟)の自由奔放っぷりに振り回される信之(兄)。
ギャグというより、武将たちのキャラ立ち具合を楽しむ作品かなと。
案外、こういうのから歴史に興味を持っていく入り口もあるよね。
(土) 14:21 感想
モノノ怪<モノノ怪製作委員会>
妖怪(やモンスター)が出てくる話で嫌いなのが、安易な妖怪退治モノです。でも、多分世間の人はそういうのが好きなんだろうな。巷にはそういう話ばっかだし。
モノノ怪は確かに「妖怪退治モノ」なんだけど、そのジャンルを甘んじて受け入れつつも、閉空間での人間模様を描く一風変わった群像劇になっている。水戸黄門の印籠並みにお約束なスーパーサイヤ人モードなんて、ホントはおまけ程度の事であって。でも無いと締まらないんだろうね。
企画も映像も挑戦的で志が高い。こういうのなら見る価値も、作る価値もあるなと思える。

いかんせん、アニメという表現ゆえ落ち着いて感情移入がしにくいのが残念。かといってアニメで語りばかりでは飽きられるだろう。
特に「海坊主」では語りの間も絵を目まぐるしく動かして間をつないでいたけれど、お陰で語りに集中できなくて感情移入しにくかった。
それでも最後のポイントは演出を静かにしたので(むしろこれを狙ってわざと?)、一番のポイントはぼやけなくて良かったけど。
「閉空間」「人間模様」というシリーズお約束の構成は中々面白いので(多分CG背景という制限から)、上手い小説家にノベライズして欲しいものだ。ちょっと物足りない「ミステリ分」、できれば「謎解き分」(だって全部自白だからね)も追加して欲しいな……って思うのは贅沢か。あるいはそこまでやるとコテコテになっちゃう? 今ぐらいのあっさり味がよいのかな? 映像見るのに忙しいし。

ビジュアルはやはり「大神」リスペクトか。いいことだー。
いずれ「モノノ怪」リスペクトな作品も生まれてくるのでしょうね。絵師の落書きにはちらほら現れてますし。
そう。この極東の島国、ゆめゆめ侮る事なかれ。
(金) 01:25 感想
日付に何か意味があるんじゃなくて、単にその日の読書感想文を転載するってことだけどねw

運命は切り開くもの<幸田 露伴>
エッセイ面白い。運命という物への考察を通して、星占いや人相学など占いの矛盾点を理性的に批判している。曰く、運命なんて先天的なものと後天的な物がある程度で、当人の心がけや行為によって幾らでも変わるものであり、論じたり予測しようなんて馬鹿げてる。と。
なんとなくJOJO四部のじゃんけん小僧のエピソードの元ネタっぽいんだけどなぁ。あとJOJO全体の根底に流れてる気もする。
ところで不適切表現てどれだ? 引用した故事の内容かな?
(日) 23:58 同人
月曜日 西地区 “め”ブロック 13bになります。おいでませ~。

冬の創作は間に合いませんでした(´Д⊂ また来年春になります。
ちょっと新しい事やろうとしたんですけど、夏コミから冬コミの三ヶ月では少々短すぎたようです。
初めての事も多かったのでその辺の目算が甘かったです。世界に五人ぐらいの夕街作品ファンの皆様、誠に申し訳ありません。
(日) 10:50 感想
伊集院のトークをテキストに起こしている人が居るけど、アレは止めて欲しい。
あれは伊集院の話術を否定している。
同じ悪態でも、平板な文字面からは繊細なさじ加減の話術表現によるニュアンスが消え失せ、血の通わない深刻な文面にしか読めない。(Wikipedia全般にも散見される)
これは伊集院に対して一番失礼な事だ。リスナーがテキスト起こしをしてるサイトもあるけど、あなたがファンだというのなら今すぐ止めて欲しい。これならYoutubeやニコニコに音声をアップする方がずっとましだ。(伊集院本人はそれも嫌がってるけど)
落語の台本を読んで「なんだ、落語ってたいしたことないな」と言うのと同じ。同じ台本をどう演じるか、そこがオリジナリティでありアイデンティティであり全てだというのに。それを全否定している。

特に最近は岡田さんを叩く後ろ盾にするためにリンクされる目的に使われたり、確信犯の悪意が気持ち悪い。
連中にとって「伊集院の話術」はいらないのだ。ただ「みんなが岡田を叩いている、という共同幻想の支えにするため」、「伊集院が岡田を嫌いと言った事実とソース」が欲しいだけで。
──なんだ。結局てめえら、いじめが好きなんじゃねえか。

アマチュアとはいえ小説家の端くれとして、この文章表現の悪用には断固抗議の意を表します。
(金) 01:43 感想
かりあげクン風に手書きアニメかと思ったら3Dか! 深夜やってた所ジョージの3Dアニメみたいなノリなのかなぁ。
どちらにせよ、エレキングをアニメ化するのは難しい気がするけどなぁ。静止だから面白いって技法も多いし。


あと29日の馬鹿力と、NNNニュースリアルタイム「ここがわからん!」を見た。
岡田さん、TVオンエア部分に関してはごく理性的にまともな事言ってる。よってこれを叩く奴は客観性がないと見なす。
そしてカットされた部分では伊集院の言うようにヒートアップしてたんだろう。物事を悪く捉え勝ちな伊集院だって事を差し引いても。

岡田さんは自分自身のプロデュースも過去やってたけど、ここまでブレイクしたことなくて──こんな大型車(しかも自分)を運転したことなくて、ハンドルを切り損ねてるだけかなって思えてきた。
伊集院も自称理屈っぽくもあり、自称ウエットでもありと言ってるわけで。
じゃあもう好みの問題程度の話だよね。
二人とも正しいし、二人とも好きだ。ただそれだけの話。

よし、俺ネット世論に流されてない。おっけー。


さあて、四時間半後には東京出張一泊ですよん。火曜も日帰りで。ひー。
まぁ仕事も趣味も、好きでやってるんだけどね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。