(月) 04:54 図書館列車書庫
さすがスイッチのコーナー~~~~☆ じゃなくて拍手レス。

「図書館列車が好き」の後藤です。お久しぶりです。和服少女特集で私のお勧めは「えすぴー都見参」(岬下部せすな)です。ヒロインは主に背広姿ですが、袴姿にもなります。ほんわか系の4コママンガです。


これですな。

今時なノリですなぁ。楽しい。力一杯のベタ分を補給したいあなたへ。
作品にはヒロイン都と、萌え系四コマへの愛がありますねぇ。
あと作者は灼眼のシャナが好きなんだろうなぁ、と。
この系統が好きなら、カギっことかどうですかー。意外におかあちゃん萌えますよw


自分もお勧め追加で。
じょなめけ<嘉納悠天>

レンタルビデオ・DVDでおなじみTUTAYAの由来でもある蔦屋重三郎が主人公の漫画。
人物描き分けとか荒くて読みづらく、まだまだ漫画が下手なんだけど、素材が面白いし当時の風俗が具体的に絵になり生活してる風景が描かれていて楽しい。
平賀源内や鳥山石燕とか出てきてこれまた楽しい。多分時代物って、こういう当時の有名人が共演する面白さが醍醐味の一つだよね。
それを先に推し進めると帝都物語になるのかな。「こいつら同時代に生きてる! 面白いからこう組み合わせちゃえ!」っていう。映画版も夢野久作から名を取った嶋田久作、東洋初の人間型ロボット「學天則」を制作した西村真琴役に息子の西村晃をキャストしたりと凝っている。
……おっと脱線。

あとでかい帯で内容紹介してて、ちょっと面白いなと。

かぶく者<たなか 亜希夫デビッド・宮原>

歌舞伎役者を通して、演じるという事、人を楽しませるエンターテイメントとしての歌舞伎を描く。
この汚い線と美しい線の持ち味は、真似できないよなぁ。
演技者としての真剣勝負が面白い。歌舞伎の入門編としても良さげですね。
今年は映画だけじゃなく、舞台や芝居も見に行ってみたい。歌舞伎は今の言葉でやってくれたらなぁ……。だって、当時は「当時の言葉」でやっていたわけで。

百日紅<杉浦 日向子>【図書館列車書庫入り!】

ご存命の頃は「コメディお江戸でござる」で江戸の風俗をやさしく楽しく解説されていました。
着物がよく似合う、物腰の柔らかい素敵な女性で。
惜しまれつつ引退した漫画家でもあり、江戸風俗研究家でもあり、アリャマタコリャマタ氏の元奥様でもあり。
この作品では葛飾北斎とその弟子の日々が、大変ユニークに、それでいてリアルに描かれてて。後に江戸風俗研究家を名乗るだけの事はあります。
作家らしい住まいのごちゃごちゃ具合、溢れる生活感、創作者としての心の動き。
それら全てを含めて「絵師」であり、「葛飾北斎」なのですね。

関連記事
【図書館列車書庫】
(火) 21:02 感想
おすすめ同人紹介のみなみさんからの拍手コメントで、deep-sea fishes in gloomの攻略を教えてもらいました☆
にゃるほどぅー(´ω⊂ 落ち着いたら解いてみますね! ありがとさんです!
……てか意外にここ、見られてる!? (((( ;゚Д゚)))

和服少女特集~。
そんな2人のMyホーム<樹 るう>


ポヨポヨ観察日記のほうが有名だけど、あちらがまったりペット漫画ならこちらは勢いあるギャグマンガかw
亡き母に似た和服の箱入り娘が父親と同居している。和風建築で日本テイストーっな設定や小物たちが出てくる。これもまた、まったり雰囲気を楽しむ漫画ですね。

おこしやす<久保田順子>


四コマという食べやすい形で、京都特有の言葉や文化を紹介する漫画。
それも京都で生活すればそこかしこで出会う今に息づくものばかりなので、京都いきてぇなぁ、って気持ちになりますw 観光スポットやお土産の話もよく出てくるし、観光都市ならではって感じ。
テイストも絵柄もほんわかしてて、視線に愛がある。長く児童向けの仕事をしてたのかな? とふと思った。

いいなと思ったのが、毎回扉絵の服が和服、洋服交互になっているところ。
作品が、京都に生まれ・育ち・生活している、ごく普通の女の子を軸にしてるんだよね。
だから漫画だからと言って常に和服を着るわけじゃなし、洋服も着る。
髪型もこまめに変えてたり、どれだけ描くの好きなんだw って思った。
作者の久保田さんは多分、可愛いものなら和でも洋でもいいんだよね。その柔軟なつまみ食いっぷりが素敵だ。正直、目から鱗が落ちた。

異国迷路のクロワーゼ<武田 日向>


萌え死ぬ!(*゜∀゜)=3
……で感想終わらすのもアレなので。
19世紀ヨーロッパの都市(フランス?)に奉公に来た日本の少女ユネ。外国生活に戸惑うユネと、迎え入れてくれる鉄工芸店の若き主クロードのお話。
戸惑うユネ、ぱあっと笑うユネ。漫画の「片言外人はカタカナで喋る」お約束通り、カタカナなのがまた……あああ和服可愛すぎる~(*´д`*)
ライバル? なお金持ちのお嬢さま(ふわっとした縦ロール完備)のひらひらふわふわゴシックな装いも可愛いけど、それに和服が全然負けてないのがまたいい。
「おこしやす」で思った事だけど、いいものは和洋関係なくいいんだよなぁ。



特集からは外れるけど、「鏡を見てはいけません」<鴨居まさね>が面白かった。

野郎なのに“オバチャン”野百合に感情移入して、「男ってなんてバカなんだー!」「旦那の妹ウゼー!!」とか思ってしまったw
少年少女にはピンと来ないだろうけど、結婚を考えている人、意識している人、同居している人、結婚した人ならきっと面白いはず。そういう意味で「大人向け」。
田辺聖子さん好きなんですよね。小説「歌は~」書く時に百人一首解説本で何かいいのないかな、と手に取ったのが田辺さんの百人一首本だった。
やさしく、平易に書かれ、何より面白く読めた。
なるほどこれなら、教科書に作家の文章を載せたくなる気持ちも分かる。
自分が買ったのは挿絵が無く、先生が少年少女に解説していくという形式のやつだったけど、挿絵が美しいと言われる新聞連載してたものも読みたいなぁ。
(日) 01:53 感想
今初めて風呂に入りました。
……引っ越した新居の。
それでも半年ぶりぐらい。身体は洗ってるよ? それまでずっとシャワーの毎日だった。
仕事忙しいと楽なんだよねぇ……。今日、なんとなく気持ちに余裕が出来たので。

ここ二・三日でやった同人ゲーム感想をまとめて。
潜雲艇のある風景<グリーンティミルク。

気になってた同人ゲーム体験版がWeb頒布。
鉛筆画にわずかな彩色だけど、その圧倒的な枚数と雰囲気で満足。
元々漫画だったのかも? 漫画なら絵は象形文字と捉えられるし、実はこのぐらいの書き込みで充分なんだよね。ハンターもそうなんでしょ? あの絵でもなんだかんだ言って、面白く読めるんでしょ、みんな?
だからこれも全然あり。漫画風の絵だと思えば、必要充分ぎりぎりOKの書き込みだと思う。

ファンタジーでSF。さらっと読めて面白い。主人公ウィノと妖精クシィのやりとりが楽しい~w


『風と光があなたに恵みますように』プレビュー版<nuko

わりと絵が上手い。話もほんわかしてて、このまま何も起こらなくてもいい気がするw
以前の自分なら「なんだこんなのー」って思ってたけど、最近少しだけ分かるようになった。
製本された「枠の外にある風景」という作品もあり、それがまさに「物語のない物語」らしい。絵師は最近亡くなったという。ご冥福をお祈りいたします。


deep-sea fishes in gloom<言ノ葉迷宮

ここは本当にミステリーが好きなんだなぁと思う。システムもありがちなADVなんかじゃなく、読者が推理を楽しめるよう趣向が凝らされ、感心する。
……ところでdeep-sea fishes in gloom、ギブアップなので犯人と理由おちえてくだたい(´Д⊂w


蝶葬<蘆屋

冬コミに「大禿」書いてから、なんか引っかかってたんだよなぁ、BL。
BLねぇ、……なるほど。色々考えさせられる。
ちょと似てるネタがあって土器☆
作品そのものは、書きたい事をちゃんと書けたんだろうなという手応えを感じた。画面もモノトーンで好み~。

(木) 19:19 感想
AutoPagerizeが快適すぎ。マウスジェスチャなみのブラウザ必須機能だね。ふたば掲示板までサポートされてて吹いた。
Greasemonkeyはセキュリティ的にやなので、AutoPagerも試そうっと。

デイリーポータルZ:閉店後の風景をのぞく<三土たつお>

閉店後のお店には、ふだん客として見るのとは違う雰囲気があって、勝手にいろんなドラマを想像してしまったりもする。

普段は近づきもしないおしゃれタウン。夜道でふと見かけたガラス張りの美容室の奥で、マネキン相手に練習している若い人が居た。
見た目はチャラチャラしてるんだけど、一所懸命練習してて、人は見かけによらないなぁと。

越前屋俵太さんが越山先生として京都チャンネルで復活。
やっぱこの人は、ストリートの人だなぁ。

面白いと思った事をやれば、それでいいと思います。なんでも、だれでも。
(月) 23:46 公開作品
口縄坂に行ってきたリベンジよ。

口縄坂1
大きな車道からちょっと脇に入って少し歩いたところにある口縄坂の入り口に、ぽつんと静かに佇んでる感じがらしい気がする。

口縄坂2
この辺、結構静かなんだよね。離れた車道にはびゅんびゅん車が走ってるんだけど、微かに感じるぐらい。
自分が石段を下りる音と、どこかで鳥がさえずるのが聞こえる。
(土) 21:41 感想
拍手レス~。

ババチアキ
コミケお疲れ様でした。右隣で売り込みしてました(w)「ロンドンロボット」のなんちゃってプロデューサーのババです。いろいろお世話になりました。また夏にお目にかかれますように。

 きゃーこちらこそー!
 完成を楽しみにしてますわん(´ω⊂
 うちもきっと大きめの新作をっ。


「大禿」書いてた頃は知らなかったけど、尿素も面白いなぁ。



<ま た 御 社 か。
……どういうツッコミやw

作る喜び、モノが出来上がってく楽しさ。
工場で働いてる人間には何でもない事でも、こうやってみんなで見ると再発見できて楽しいね。

かつてビッグサイトなど巨大展示場は工業製品や自社技術などの見本市をするために建てられた場所。
今一番のお得意様はコミケだけど、東大阪や下町の工場の人々が初音ミクなどオタモチーフで殴り込み掛けてきたら、かっこいいなぁ。今のとこほとんど印刷業者、ときどきグッズ業者の仕事が登場してるけどね。
(金) 17:53 感想
『鷲崎健の超ラジ!』を聞きながら更新。

@nifty:デイリーポータルZ:ジャッキー、もし歌舞伎町で闘わば<大坪ケムタ>
CA390031.jpg
「落ちて良し、ばらまいて良しだね!」

うらびれた路地裏が、無造作に積み上げられた段ボール箱が、『ここでジャッキーチェンがアクションしたら』って想像するだけで、新たな伊吹を込められる。
ジャッキー映画の楽しさって、宮本茂氏が少年時代に野山を駆けめぐった楽しさを表現したという、スーパーマリオブラザーズに通じる物がある気がする。

冬コミで手に入れた作品群を。
サークル『ロンドンロボット』さんのヴェクサシオン、システムや演出が小気味良いねぇ。うちもこのぐらいちゃんと作りたいワァ。
サークル『Hit bullet』さんはがんばれー! あちきも頑張る(´ω⊂ 継続は力ですよ?
サークル『Liberte』さんの「しょこら体験版」、兄の和也編が読みやすくて楽しい。彼女のひよりんに萌え。桑原さんもかわええワァ(*゜∀゜)=3
サークル『―191→』さんの『僕たちの世界の在処 体験版』は絵が多くて楽しい感じ~。冒頭の田舎のシーンが好き。絵が多くて羨ましい。うち、背景は写真加工ばかりなので……(´Д⊂ みかんさんのキャラが好きです。次はトイレで出会った彼w
サークル『りばうんど』さんの『ファイナルファンタジー プレ本』、語り口が軽妙で面白かった。FFやったことない(いまどき!)んだけど、面白かったですよ~! 次は『何を書くか』って段階に進んでいいかも。好きなもの書いてね~。

HUGO HALL氏から「双六キモダメシ」げっとー。……囲んでやる友達が居ないorz
ゾンビギャルとか、宣伝にないネタ絵とか吹いた。HUGO HALLさんらしい生理的にキモい怪物絵とか、往年のファンならニヤリとするモンスターとか顔を見せててニヤリ。
儲けるとか食っていくとか別にして、自分が本当に好きな事をやってるなぁ。
むむむ。かっこいいぜ。

というわけで今年は好き放題やらせていただきます。むははははー。
(火) 16:57 感想
明けましておめでとうございます。
昨年中は大変お世話になり、ありがとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



いやぁ、遅刻しながら刷った「大禿」が完売して嬉しいですのー(うωて)
「歌は~」も、作品交換しつつだけど残り一部といった案配。
案外小説を読みたいってヒトもいるんだなぁ。
ライトノベルな学園ものでも強気少女に好かれる話でもないのに! 奇特なヒト!(*ノノ)
お越し頂いた方、大変ありがとうございました!

今回初めて両隣のスペースにサークルさんがちゃんと来てましたよ。
左隣は「Hit bullet」さん。「星の欠片と」体験版を頒布されてました。
絵師のはちみつさんにはちみつ飴をもらいましたw

右隣は「ロンドンロボット」さん。「ヴェクサシオン#1~#3」を頒布されてました。
軽快な呼び込みでどんどん売りさばいていく手際が見ていて気持ちよかったw
どちらも作品を物々交換~。

図書館列車ムービーでお世話になったikiさんがいらした。
ご自身のサークル「Liberte」制作の「しょこら体験版」と作品交換。
ここは絵がかわいいのよねぇ(*´д`*)

サークル―191→」の中のヒトは熱かったなぁ。作品交換で「僕たちの世界の在処 体験版」を。
自分は今年から事なかれ主義の長いものにはローリングミー!! で行こうかなとw



拍手レス~。

昨日はおつかれさまでした。「図書館列車が好き」の後藤です。これからもがんばってください。

きゃー照れちゃう(*ノノ)
それがしも司書様と汐見くんのやりとりが大好きでして。
「図書館列車2」が見たいって仰っていただいて嬉し恥ずかし。
あれは伝奇じゃないのでウケないと思いますよーw 作りたいから作りましたけどw

さて半年大人しくしてた事だし、また何かやらかしましょうかね~。



酒処山源写真館~。
焼き肉は年始以来だなぁ。年末年始は焼き肉なのか、俺。
人気の店のようで、予約でいっぱいの狭い店内に四・五回ほどお客さんが入れず。
煙で燻されてべっとり味がついてる感じの店内でした~。佇まいが飲み屋っぽいいい感じ。
  
上のタレ皿の左端が「豚の金玉」。白子に近いのかなと思って食べたら全く違ってた。臭くなくて不思議な触感。右上はコブクロ。うみゃー。
下の塩皿左の、白い脂べっとりラードホルモンもカロリー高そうだがUMEEEEE!
チューハイは薄めかな。ポン酒とセットで良い感じのほろ酔い。
親父さんが咥えタバコでちゃっちゃと作る、締めのおじやがうめー(*´Д⊂
そして「あっさりしたところで二郎へ行こうか」と言う相方C-TYPEちょっと待て。
相方と、店を教えて下さったDOさんと別れ、そのままポレポレ東中野で映画へ~。



おそいひと』が大変良かった。
気温一桁台の大晦日の夜、一人でふらっと行く映画館というのも気分を盛り上げてくれた。

トーキングエイド、という携帯できる機械があります。「あ」のボタンを押すと「あ」と発声する、誤解を恐れずに、そしてその希望と可能性を匂わすニュアンスを含めて言えば、「喋る事に特化した初音ミク的装置」です。
住田氏はトーキングエイドがないとほぼ発声できない障害を持つので、流暢に喋るという事は決して出来ません。
でも、下のコメントやチラシにあるコメントのなんと流暢で知的な事か。

奇形やうめき声のようなビジュアルという肉体の束縛から、完全に自由で独立した人間性が伺えます。
内容もさることながら、テキストというものがすげぇ、と再確認した次第で。

余談でした。それはそれとして「おそいひと」、かなりお勧めです。
「住田さん」という怪物に喉元をカッサバかれるのでご注意を。
(うわぁ、めちゃめちゃ誤解を受けるなこの言い方(´Д⊂w ちがうんだーw ああもう見れば感じてもらえるんだけど……。上記コメントの「魔」という表現が素敵ですね)