(金) 01:17 日記
ツクモが民事再生を申請 店舗を営業したまま再建の意向

●負債総額110億円、バブル期の不動産取得や信用販売の増加で苦境に
●営業体制はそのままで再建の意向 ポイントカードや保証体制も変更無し


えー、マジで!
店員さんが懇切丁寧でいい店だったのに。VistaマシンやEeePCも買ったのに。

民事再生ってなんだろう? 他のニュースには「事実上の破綻か」って表現があるけど、破綻と断言していない。厳密には違うのか?
って思って調べてみた。

法人の民事再生って端的に言えば、
「借金を圧縮(=減額)してもらう代わりに」
「裁判所が選定した監督委員が経営に参画し」
「企業の再建を図っていく」
わけね。

店舗販売そのものは破綻してないって事か。
破綻したと言うより、「借金多すぎるから、圧縮して再出発させて! しばらく借金できないなどのリスクは負うから!」という、まさに会社を再生する宣言なわけだ。

Vistaマシン、店員さんがマンツーマンで付いてくれてパーツを選んでくれた。
押しつけがましくなく、正直に「このファンはよく冷えるけどうるさいですよ」「このボードとこれは相性が悪いので、こっちの組み合わせをお勧めします」と言葉を添えてくれる。
高い物を勧めるわけでもない。
素直に信頼できた。
だから、私のような人見知りでも、代金を払ってレジを去る時に、ありがとうって言えた。
今言わなきゃいつ言うんだって思って。

いい店なんだから、頑張って欲しいですね。

九十九電機(株) - マイナビ2009
がんばれ九十九電機 - コデラノブログ 3

資金繰りの悪化、貸し渋りの影響……ってことはアメリカ・サブプライムローンの影響か。日本も影響が出始めているって事で。


そもそもVistaがひどいOSだから売れなくて、九十九が潰れたんだ! ……てのは言い過ぎ?
本田雅一の「週刊モバイル通信」:第429回 Windows 7の概要
第430回 改善されたWindows 7のデスクトップ

なんだよこれ……。また操作感が変わるのかよ。
Vistaのマイナーチェンジ版なんていらない。
相変わらずMac OS Xのパクりだし。

 特にWindows 7のデスクトップの改善で重視したのは、以下の5項目を改善することだという。
・必要な機能へとたどり着くまでに、幾重もの操作が必要
・ウィンドウの切り替え操作を間違えやすい
・同じ目的に対して異なるアプローチが重複しすぎている
・操作とは無関係な情報が画面に溢れすぎている
・ウィンドウの位置やサイズのアレンジにアクロバチックな操作が必要


今頃気付いたんかい!(´Д⊂

十三年間Windowsだったけど、さすがにもうときめかない。
11月10日に発表されるという噂の新型iMac、視野に入れてます。来年のSnow Leopardもコミで。
PhotoshopなどCS4買う時、Win版かMac版かで迷うだろうなぁ。
会社で「TLPライセンス」買ってもらえたら、いつでも切り替えて使える「クロスプラットフォーム使用権」が付いてくるんだけど。


コンピューターが人間を超える日、「シンギュラリティー」は起こるのか
~米シリコンバレーで会議開催、インテルやIBMなどが研究内容を紹介<ロボットWatch>

「ワレワレこんぴゅーたーガ愚カナ人類ヲ支配スル!」
というか、完全お手製の人工知能、もうすぐ出来るかもというお話。
わくわくしちゃうわねぇ。

やっぱり生身の人間との付き合いは捨てたくないけど。



正月仮面が! グリコーゲンXが!!
バラダギ様も居るのかニャー。
(水) 02:55 日記
やっぱり自分、ショックだわ……。
渡辺さんが童貞無くしたの。

「あの人が童貞で居てくれるから」俺、がんばれる。
……なんて本気で考えてたんだなあ、私は。

ここまで渡辺さんが好きだったんだ、私は。
これほど大切な位置を占めてたんだなぁ。「あの人が純潔を守ってるんだから」って事が。

ダメだ。ホントもうダメだ俺。
うわー
(火) 18:29 日記
昨晩、馬鹿力の録音聞いててようやく笑えるようになった。
2000年11月27日・268回で、ちょうどコンニャクゼリーの話しててちょとビックリした。
ちょっと前まで伊集院でも笑えなくなってたからなぁ。
少しは回復してきたかな。もう九日筆が止まってたけど。


はてな匿名ダイアリー > 講談社編集部の姿勢に物凄く頭にきた。
険しい山を自らの力だけで必死に登っているその真上で「作家の身内」ってだけの奴が編集者と共にヘリコプターで一気に山頂まで行きやがったよ。泥にまみれ這い蹲る俺を見下ろし、笑っていたよ。


あなたが怒りをぶつけたくなる気持ちは痛いほどよく分かる。
でも作家の知り合いが、たまたま書く才能を持ってた場合の考慮が抜けている。


あと、ファウストとパンドラに何期待してんの?
新人発掘を期待するのは間違っている。

あの二誌の看板作家って誰よ。私より、(恐らく)購読してるあなたの方が詳しいでしょ。
パンドラなんて表紙見たら、西尾維新や島田荘司やカラスヤサトシ先生が書いてるのが売りじゃん。
ファウストも似たり寄ったりで、奈須きのことか竜騎士07とか、最近は筒井康隆といとうのいぢだし。
どっちも外から呼んできた有名人ばっかり、大きく載せてる。

あの人らはファウスト出身ではない。よそで勝手に有名になった人を呼んだだけ。
(近しいのはメフィスト賞の西尾ぐらい? でも、結局ファウスト賞じゃないよね)
ファウストが育てたわけじゃないから、別にあの布陣は「ファウストじゃなくてもいい」。

「うちの人気作家があなたの作品を批評します」
なら独自だし、ファウスト色だって言うなら分かるけど、違うよね。
「他から呼んできた話題の作家が書いた作品が読めます」
だよね、単に。
集英社の週刊少年ジャンプは『ちゃんと自分で育てた人気・現役作家』に、『新人を批評させている』というのに。

というわけでどちらも新人を発掘する気概が見えない雑誌だ。
この扱いでは、新人を育ててやろうという誌面には到底思えない。
金で外国から大リーガーを引っ張ってきて、チームに八人ぐらい揃えた球団みたいに。
『「作家の身内」ってだけで原稿を載せ』る雑誌なのかどうかは知らないけど、『ネームバリューがあれば載せる雑誌』だというのはご覧の通り。
……だから、今後は「リアル鬼ごっこ」山田悠介や「あたし彼女」のkikiを載せるべきなんだ!!


はてな匿名ダイアリー > 講談社編集部の姿勢に物凄く頭にきた。
俺の重ねていた努力なんて全て無駄だったんだ。

「プロの壁」なんて存在しなかったんだ。


努力を傾ける方向が間違ってるだけだと思う。
ちゃんと新人を育て、育てた作家の名前を表紙にでかでかと書く、そういうレーベルにした方がいい。

努力は無駄にならない──というよりも、「何が、いつ、役に立つか分からない」のほうが正確っぽいよ。
だから、「この努力が無駄になるかどうかは、死ぬまで分からない」。
自分にどんな才能があるかなんて、色々やって見なきゃ気がつかないし、比較検討できないよ。
文学作家を目指してくじけたけど、実は冒険小説の才能があった、とか。

あと「事実は小説よりも奇なり」。
自分の周りに起こったこととか、世の中で起こったニュースの方がずうっと面白そうに見える。
それを噛みしめながらも、小説を書いてんだけどさ。
(月) 19:23 日記
今朝は寒くて死ぬかと思った。
冬の布団を出す。ごそごそ。

図書館へ行く道でハトを発見。
……デイリーポータルZ風に。
ハト
デイリーポータルZ風にハト発見



篆書体って面白い。下は「夕街」。
AIR 印鑑
夕街印鑑
(土) 22:49 図書館列車書庫
まだ元気ないですけど、〆切を認識したり小説や漫画読んで持ち直してきました。

今日店頭でiPhone触ってきた。ちっこ! わりと反応イイネ。動作も軽い。Web読み込みだけ、致命的に遅い。他のスマートフォンもこんなもんらしいけどね。
あとはMacBookの新タッチパッドをぺこぺこ押してきた。不自然じゃなく中々いい。

感想が溜まってるので大放出。


艶漢<尚 月地>

HP
一言で言えば「女子向けチャンピオンRED風漫画」。あの一般向けなのに成人向けまがいの事してる雑誌。
これも腐女子にとってはハァハァ出来るシーンたっぷり。
んでもそれだけ。
普通、そういう漫画はここに取り上げもしないんだけど、すげえ勿体ない事してるので、素直に楽しめる人には是非応援してもらいたくて書く。

先ずその画力、主に──雰囲気。
アジアっぽいんだけど日本なのか中国なのか分からない世界観。それでいて自然に作品に溶け込んでいるのはディスコミュニケーションの植芝理一を彷彿とさせる。
人物もいちいちキマっている。線、ポーズ。コマ毎に毎回身体を描かなきゃならない漫画だからこそ出来る贅沢だ。
それでいて全てのキャラに愛がある。おっさんキャラも楽しく描いているのが分かる。

そして猟奇事件のセンス。
もし自分が大正ロマンものの話を書くのなら、このテイストいいなぁって思える匂いがする。
あと、女子も中二病テイストが好きなんだなーって思った。

これらが「ただの腐女子向け漫画」になってしまっている状況が勿体ない。
それだけに終わらないポテンシャルがあるのに。
もしかしてそう思うのは自分だけか? 自分だけが楽しめていないのかも。そこは自信がない。


夢見る古都<星野 リリィ>

HP
おとめ妖怪 ざくろ」の人。
こちらはちょっと大人向けの残酷ファンタジーホラーって感じ。こういうのも描けるんだー。
ざくろが「少女」の話なら、古都は「女」の話だね。


超立!!桃の木高校<アルコ>

アルコさんの漫画はイノセントで、ほっとして読めるなぁ。楽しいし。
自虐シリーズにおける「病」を持つキャラたちを、こうやって書くことも出来るんだろうなぁ。
自分に多少でもギャルゲー趣味があれば、書けたのかも知れないなぁ。
自分が書くと嘘っぽく思えるんだよねぇ。


ますむら・ひろし宮沢賢治選集<ますむら・ひろし>

HP
素晴らしき紅マグロの世界ィィィ!!
……取り乱しました。
たまたま直前に青空文庫で「カイロ団長」読んでたんだけど、全く違和感なく漫画化されてて楽しめた。
「グスコーブドリの伝記」も不思議な魅力があって。
少々残酷で砂を噛むような生活の描写でも、内容はつげ義春(笑)なのに、この童話のようなモコモコした絵で読むとオブラートに包まれたような受け入れやすさがある。
「銀河鉄道の夜」も買ってあるので後で読む。

あ、「素晴らしき紅マグロの世界」でググらない方がいいよ。谷山浩子の歌だけど、中毒性あるからダメ、絶対。

(追記 0:37)
と、思ったけど今ニコニコ見たらものすごいCD売れてたので必要悪と見なしニコニコへリンク。
そしてまもるくん人気に嫉妬。



COPPELION<井上 智徳>

東京の原発が爆発して数十年──。
原爆病に耐性のある試験管ベイビーズの少女たちが今、捨てられたかつての首都に潜入する。

って設定は凄く面白そうなんだけど、まだまだ漫画が下手かなぁ。
んでもオリジナリティと面白い漫画を描こうという志は凄く買っているので、応援したい。
大阪が新首都になってて標準語が大阪弁になってたり、SFならではの「世界観そのものの面白さ」が楽しめる、期待したい漫画です。


まだまだいくよー。
マコちゃんのリップクリーム 2巻<尾玉 なみえ>

相変わらず尾玉なみえはやりたい放題だなぁw
……まだコンビニバイトせざるを得ない状況なんだろうか。


リセットマン 2巻<栗原 正尚>【図書館列車書庫入り!】

HP
私は乗せられやすい人間なのかも知れない。
でも、それはそれとしても。

この漫画には希望がある。

栗原さんの他の作品では人物の考え方が邪悪な方へ、悪い方へ描かれ、悪い人ばっか出てくる。
ストーリーのためにそういう風に描かれているだけなんだけど、なぜか僕らは「悪い想像に、より、納得してしまう」。
でも、このリセットマンに描かれる「いや、決して善人じゃないけど、そう悪い人ばかりでもないよ?」という描かれ方だと、なぜ僕らはつい嘘くさく思ってしまうんだろう。
他の漫画では逆が多いから? 理由はそれだけだろうか?
僕らは──と勝手に決めつけて良ければ──性悪説に偏りすぎなのかも知れない。

道に迷ってどうしようもなくなったのなら、人に頼るのもいい。
占いや、自己啓発セミナーや、宗教もいいさ。
女や酒に浸ってもいいさ。
だけど、とっとと立ち直って、「卒業」しようや。な?
(……誰に言っているのかというと、多分何割かは自分に言っている。ウーイ、ヒック)

この漫画が好きなのは「リセット完了!」とちゃんと独り立ちさせて終わるところだ。


魔乳秘剣帳 3巻<山田 秀樹>

HP
おっぱい! おっぱい!
でもおっぱいだけじゃないよー。
時代物としても充分面白いのよ。

明日、とらのあな 秋葉原でサイン会あるみたい。

なんか自分、時代物合ってるのかも。エロ&剣劇。
時代考証は面倒だけど、面白い方向なら頑張って調べられるし。


長くなってきたので関西コミティア33の戦利品はまた後日!
(木) 04:44 同人
なります(うωて)
お待ち頂いてる方、すみません。

日曜は関西コミティア行ったり。会場準備を手伝ってみるつもりが寝坊……。
最近ちょっと元気ないです。


こういうの↓見てると元気出るんですが……。
外国人大喜びシリーズ

「外国人が日本に来て撮ったwktk動画集」シリーズと
「Wii をゲットして歓喜する子供たち 総集編」シリーズが
おすすめ。微笑ましいですわ~。
(金) 20:43 日記
明日は図書館へ。

中編アドベンチャーゲーム「かげろうは涼風にゆれて」<言ノ葉迷宮>
初回プレイ時はセーブ不可! “実験”の裏に隠された真実に迫るSFホラー作品


言ノ葉迷宮さんがついに窓の杜で紹介! これだけ野心的で新しい物を作ろうとしているサークルを紹介しないなんてあり得ないよね。
窓の杜で紹介されたからには、冬コミで注目されるかも?
いい作品を作るサークルなんだから、もっと評価されて欲しいな。

「deep-sea fishes in gloom」で見せた、ミステリADVとしてシステムから練り直すその姿勢に脱帽。
あ、「deep-sea~」は中々フェアなミステリでしたよ。
夏コミではサークル配置がほぼ正面で、隙を見て「変調・幽霊相談室」を買いに行ったなぁ。

……あ、まだやってねぇ(><) あと夏コミで「見て下さい」って色んな人にもらったノベルも……orz
すみません……。犬神が手を離れたらなんとか。


あ、夏コミで買った小説で一つ読み忘れてた、「白」<文:河童海老蔵 絵:住咲ナルミ>が良かった。
中国大陸の戦国時代、男と女の一卵性双生児。
二人とも王を慕い将軍となるが、女の嬰は子を宿し后となり、宮にこもることで王とは次第に疎遠になってしまう。
嬰が一人の女として慧と王を奪い合うかのような心情を描いた「半月-はにわり-」。

ドイツ第三帝国時代のベルリン。共産主義運動に参加し党員となり、ナチスのSSに追われつつ地下活動を行う男の、退廃的な日常を描く「キリエ」。

どちらも潤沢な表現に圧倒される。ATOK使った程度じゃ出てこないような表現が印象的に使われる。いい読書をされているのだろう。
住咲ナルミさんの挿絵も素晴らしい。ググったんだけどサイトがドメイン切れでみれにゃい……。
今でも活動されているんだろうか。夏コミで買ったんだけど、委託かも知れないので分からないなあ。



今頃IKZO見てます。かっこよくてオモチロイね。



Discovery Channelが面白すぎる。
一番好きなのは明るいアダムとクールなジェイミーの「MythBusters 怪しい伝説」
myt00023.jpgmyt00024.jpg
怪しい伝説:月面着陸の嘘ホント
こないだの回では宇宙空間で米国旗がはためくとか、水気がないのに足跡が付くとか、「人類は月に行ってない陰謀説」を実際に実験し、明快に陰謀ではないと否定してくれた。

日本のテレビなら煽るだけ煽って答えを出さないのばっかで、消化不良のまま終わるとこだ。
まぁ、ネタを食いつぶしたくないんだろうけどさ。
番組は何の意味もない、必然性もない物になるよね、それじゃ。

大企業のスポンサーって、なんであんなつまらない番組にお金を出すんだろう?
ひな壇芸人や一年で消えるグラビアアイドルの程度の低い番組に。
必死に働いて稼いだ宣伝費を、あいつらの飽食やミニゲームの賞金にするなんてどうかしてる。
「怪しい伝説」を字幕でそのまま地上波でやった方が余程企業イメージが良くなるし、番組も面白いだろうに。

日本ってこういう番組無くなったよね。
NHKスペシャルとかたけしの万物創世紀とか。
(水) 19:25 日記
何とかペースを取り戻そうと書いてます。

コスプレダンパって、コスプレOKのダンスパーティってこと。
相方DJ C-TYPEがそこで曲をかけたり繋げたりするってわけですね。
アニソンやアキバ系ばっかのとこに、ガチ極悪が殴り込みの阿鼻叫喚という趣向です。
DENPA8!!!出演者発表!!!【第5弾】<DENPA BLOG>


ハードコア、スピードコア、ブレイクコアの極悪DJセットといったらこの方!!
殺人ヨットスクールの校長がついにご来賓!!!
これまでにアニソンDJ、ハードコア、チップチューンと紹介してきましたが
もっと重いのないの?早いの頂戴と垂涎の音楽ジャンキーに
校長じきじきに特別授業ですよ!!!保健室行きまちがいなし!!!

殺人ヨットスクール
http://mysmod.hp.infoseek.co.jp/


保健室てw ガス室かw
クイックジャパンでも告知されてて、客600人くらい来る予感らしく。
本人は「いつも通りやる」って言ってはりますが、さて。
過去のレポートはこちら

DENPA8!!!
11/16.sun OPEN 14:00 @shibuya axxcis



アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない<町山智浩>【図書館列車書庫入り!】
アメリカ人の半分はニューヨークの場所を知らない (Bunshun Paperbacks)

町山さんの、アメリカに対する、初めてのラブレターかもしれない。
いつものような、痛快に茶化したり笑い飛ばす文体ではない。
落ち着いた、淡々と事実を積み重ねる態度。
普段の「コラムの花道」の方が笑い飛ばして明るいのに対し、笑い事ではない、という緊張感。
深刻な語り口で、アメリカに対する絶望が言葉の端端に滲んでいる。

読んでいて、彼がアメリカに失望している様がありありと浮かぶ本だった。
アメリカを見限ってしまうのかなぁ、と思った。

ところが、それでももうしばらく、町山さんはアメリカに住み続けたいと本で述べている。

アメリカ共和党マケイン上院議員のエピソードを思い出す。
彼は大統領候補だが、半月後の大統領選挙において敗色が濃厚だと言われている。
彼自身は立派で、フェアプレイ精神に溢れた人物なのに、アメリカや世界をめちゃくちゃに引っかき回したアホのブッシュと同じ共和党であることが大きなネックになっている。
誰かが聞いた。
(アメリカ)民主党(オバマ上院議員の党)に来ませんか? と。
彼は答えた。
共和党を立て直したいんだ。だから民主党には行かない、と。

マケインは古き良きアメリカそのものだ。
強くて、気高い精神をもつ父親のような。

時代の趨勢として、オバマが大統領になるのだろう。
彼は誰がどう見ても、新しいアメリカの象徴だ。

昔は良かった、などと言うつもりはない。
ただ時代が変わるのだなぁという感慨と、少しの感傷。
(月) 04:00 図書館列車書庫
水曜から五日、もんすごいスランプ状態で書けてません。
bさん翡翠さんななふれっとさんが参加する、M3-2008秋にも行きたかったニャー。
お近くの皆さん、どうぞ行ってみて!

ノーベル賞が嬉しくて、それを肴に酒を飲んだり。

ツンデレ益川たん、クール優等生な小林くん、萌え萌えマスコットキャラ南部先生。
みんなキャラ立ちすぎ。
「CP対称性の破れ」が大阪市立科学館にある磁石のテーブルでやさしく解説されていたり、『スティール・ボール・ラン』最新刊の大統領の説明がまさに「対称性の破れ」の例えのことだったりと、「事実は小説よりも奇なり」で楽しくて仕方がなかったり。


ノーベル化学賞の下村博士は顔が洋風で、絶対若い頃イケメンだった予感。

四博士、おめでとうございます。自分のことのように嬉しいです。


そしてついでにマッドサイエンティスト成分補給!!
ミランカ[miranca] | 博士も知らないニッポンのウラ
#36「スピリッチュアリズムのウラ」<苫米地英人>【図書館列車書庫入り!】

おもしれぇぇぇぇ!!
苫米地英人(とまべち ひでと)博士、もう私がマッドサイエンティスト認定しちゃいます!
Dr.苫米地DVD出たら即行、図書館列車書庫行きだ。予約で登録しとく。
町山DVDもいいなぁ。あ、町山さんの新刊読んだ! けど感想はまた今度。
京極堂シリーズより面白い。かつ分かりやすい。断言する。

もちろん、一回目の#30「洗脳のウラ」も面白かった。
オウム信者逆洗脳やその裏話とか。知りすぎて公安に消されかけた話とか。諸々。結構ヤバい話をしてる。
あと数学的に神が否定されていることとか。正確には「万能の存在はあり得ない」ってとこかにゃ?
ただ、本人が眠いのか、テンション低くてエンターテイメントとしてはもう一つだった。

今回は二回目の登場だけど、断然面白い。
配信期間:08/10/01 - 08/10/31なので、今月末まではメール登録だけで無料で見れます。
ブラウザはIEでね。

ハイテンションでいいキャラしてて面白く、かつ抑制の利いた語り口と分かりやすい例えですんなり頭に入った。この人と私が元プログラマーだっていう点も大きいのかも知れないけど。

仏教用語も使うけど、仏教徒というわけではないみたいね。
宗教としての仏教ではなく、仏教哲学という側面の成果を認めているというだけで。
キリスト教は信じてなくても賛美歌を聞くといい曲だなって思ったり、クリスマスを楽しんだりするようなもので。

空観(くうがん)という認識論は、言ってみれば「この世はマトリックスにすぎない」って事で。
仮観(けがん)はその逆の端で、欲望に支配されまくるわけだ。
そしてどちらか片方に行きすぎるとヤバかったり、何の役にも立たない。
人には元々仮観が“ある”。そして空観を“知った”。
中観(ちゅうがん)はその両方のいいとこ取り、中庸であると。まさに釈迦が悟りを開いた時に気付いたことだよね。
……うわぁ、仏教フェティシズムを刺激された「鉄鼠の檻」より分かりやすいし、面白い。
苫米地さんによると日本仏教は釈迦の教えと関係ないらしいけど。

そしてこれは町山さんが教えてくれた「アメリカは自由と平等、両方無ければいけない。自由が行きすぎれば今みたいな格差社会になり、平等が行きすぎれば共産主義になっちゃう。その拮抗、バランスこそが重要なんだ」ってことで。両方要るって事なんだよね。排除するんじゃなくて。

『魂にステージがあるって教義が江原にある時点で、本人の努力ではどうしようもない。だからそれは差別であって、現代社会が受け入れちゃいけない思想だ。』
っていうのも全くその通り。肌の色や血液型、国籍で差別するのと何ら変わりないものね。


何より好きなのは、苫米地さんが頭いいとこと胡散臭いところを両方兼ね備えているところw
第一回で「神は居ない」、第二回で「悪魔と天使は居る」「霊力はある」「江原スピリチュアルは付け焼き刃」って話をしたり、苫米地さん自身が自己啓発本を書いたり「巨乳になる着うた」を開発し、洗脳をいい方向に使ったりしてるのがいいよね。ちゃんと自分の理論を実践してる。

努力はいらない! 「夢」実現脳の作り方』を読みました。
読むと分かる。ちょい上から目線な名言集も、実は彼の自己啓発法にそった考え方だということが。
ダメな時「やっぱり俺なんか」いいことあったら「こんなのまぐれだ」
って思うより、
ダメな時「おや、俺らしくない」いいことあったら「さすが俺。でも当たり前じゃん」
って思うようにしよう、っていう手法に過ぎなくて。
だから、実は「他人を見下していない」んだよね。……オウム上祐以外はw
江原の事でさえ、感情論を廃して好意的に解釈している。……それでも論破してしまえるから、ホント江原は穴だらけなんだなぁということになるんだけどw


最小限の言葉で的確にポイントを突いた話で、凄くよく分かるし、いい刺激を受けた。
……錆び付いた私の手がこれだけ長文を書くぐらいにはw
京極夏彦は、自分で「自分は下手だから文章が長くなる」って言ってたけど、これはホントそうだよね。
真に頭いい人って、平易な言葉で私のようなバカにでも分かるように説明できる。
そして伊集院が凄いのはそこなんだよね。特に日曜日の秘密基地でそれが顕著だった。

……おっと、「私のようなバカ」って自虐思考は良くないんだっけ。
てへ★
(日) 18:48 感想
おくりびと<監督:滝田洋二郎>

最近見ました。
いい日本映画だ。

「ファンシイダンス」で坊主の作法や所作の気持ちよさに引き込まれてしまう役を演じた本木雅弘だけど、本作でも納棺師という厳粛な作法で“魅せる”仕事をスクリーンで見せてくれる。

「お葬式」の山崎努と「ファンシイダンス」の本木雅弘が組んでるってのも面白いし、
その二つの映画の監督(伊丹十三と周防正行)が師弟だっていうのもマニアックな興味を引かれる。
これは余談。

ただ一点、アニメ声の広末涼子はミスキャストだと思うんだけどどうか。
よく言えば場面と雰囲気の転換を促し、悪く言えば映画の雰囲気から浮いてる。
彼女が黙ってるシーンほどよりいい結果になっている。

さそうあきらの漫画版はイマイチ。映画の方が過不足無く、テンポがいい。
……つーか、この本気の役者陣には勝てないって。
この雰囲気。空気感。
山崎努と本木雅弘、それに美男でも美女でもない脇を固める名脇役たちの成せる技だ。
監督や小道具、脚本、などなど。スタッフの仕事全てがそつなく安心して見ていられた。
ほぼ同じ筋の漫画でネタバレするより、是非先に映画を見て欲しい。
小説版は読んでないけど、現時点では映画版をお勧め。

映画のテーマからか、お年寄りの客が多かった。
けど、むしろ内容は冠婚葬祭を遠ざけてる若い人向けなので、カップル連れでも全然見れるよこれ。
(日) 03:31 図書館列車書庫
燃えよ剣<司馬 遼太郎>【図書館列車書庫入り!】

いやー、これは萌えるわ。
土方さんと沖田くんに。

司馬史観、という言葉さえある博覧強記でありながら、歴史にうとい私でも楽しめ、小説としても大変面白い。

そしてラスト五ページ目(文庫版。P542、後ろから三行目)の「彼」の言葉に「燃えた」。
ずるいよこれは……。(涙)
かっくよすぎ~。

読んでて気付いたけど、「皇国の守護者」は「燃えよ剣」をひっくり返したものなんだなと。
皇国が北の端の北海道(架空の世界の話なので、名前は変えてあるけど)から敵に攻められる話なら、燃えよ剣は薩長土という南からの敵と戦う男の話で。
皇国の新城は天皇側なのに、燃えよ剣の「彼」はいつのまにか……。
皇国に五稜郭が出てきた時から、此処には現実とリンクする何らかの意味があるなとは思ってたけど……。あちきは勉強できないから、歴史における五稜郭の意味を全く知らんかったからなー。
ただ、新城は「彼」と同じように喧嘩屋で、人付き合いが苦手で、恋愛や愛情表現もどこか不器用って点は共通してた。多分、ここは「彼」に重ね合わせて書いた……書きたかったんだろうなぁ。
そして、「剣」に「守護者」。

面白さから言えば皇国が勝ってるかなとは思うけど、
やはり燃えよ剣の「司馬流始祖にして開拓者」「ほぼ史実」という凄みは今も読者の魂を振るわせる。
そして、これは言葉には語り尽くせない数々の良さがある。
皇国は完全オリジナルだと思うけど、魂は「燃えよ剣」なのだなぁと。
確かに、いい本を読むと自分も書きたくなる。

司馬先生のせいで、歴史が面白くなっちゃったじゃない。
ンモー。
(土) 01:35 日記
寝床に入りながら曲聴いてると。


なんでこんなに書くのがつらいんだ?
嫌なのか?
飽きてんのか?
ああああああああああああああああああ


Adobe InDesign CS3体験版いじって、
段々使い方分かってきて、
思い通りに文字をレイアウトしていくのは楽しいのにね。
(木) 18:00 感想
『スウェーデンする』映画、Be Kind Rewind (僕らのミライへ逆回転)がもうちょっとで公開。
町山さんとこで紹介されててちょっと気になってたので、楽しみ~。

段ボールで『2001年宇宙の旅』をリメイクできるか? - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記

 金をかけず、アイデアとガラクタだけでどれだけ夢を形にできるか? かつての特撮映画やアマチュア映画はそんな工夫にあふれていた。それこそが映画の素晴らしさだった。ところが、CGがあれば何でもできるこの時代、金があれば何でもできるこの時代に、みんな忘れてしまった。


大手になったらそういうこと忘れそうなので、今のポジションがいいです、私は。
人を雇って機械的に配布するなんて、即売会に参加する意味がない。同人ショップでいい。

……なので業者さん、抱き枕とか作らないのでメールやめてw
暗い目をした血塗れの女の子や、自信たっぷりに高笑いする怪しげな女性の抱き枕とか需要無いから!www


これもスウェーデンな気風を持った自主制作映画だね。
The Little Girl and the Little Boy

言葉が分からなくても、話が分かる。
見る人に想像力を求め、その共同作業がまた醍醐味になってる。
映像ってズルい。

小さな男の子 a little boy (マザーグースの歌:壺齋散人訳)

  小さな男の子と小さな女の子が
  裏通りに住んでいました
  男の子が女の子に話しかけました
  あのね あのね

  女の子が男の子にいいました
  なんの ごよう
  男の子は女の子にいいました
  君にキスしてあげたいの