上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(土) 20:24 図書館列車書庫
グラン・トリノ、チョコレート・ファイター、レスラー。
上半期に見た映画は怒濤の名作・傑作揃いだった。
下半期冒頭、早速二本の「見て良かった」映画に出会えた。
どちらも想田監督のドキュメンタリー映画だ。
まずは「精神」。ちょうど一週前に見た。

精神<監督・撮影・録音・編集・制作:想田和弘>【図書館列車書庫入り!】
mental500.jpg

去年「いのちの食べかた」を見た七藝で。七藝はドキュメンタリー強いね。(→上映予定
おじさんおばさんが多いかな。男性は大体若い。
トークショーの回だったから余計多いかも。
整理券出て補助席も出してた。
映画『精神』

包丁で料理するシーンなど、素晴らしいカットがたくさんあった。
包丁の危なっかしい扱い一つで、この人らの社会での生きづらさ、不器用さが端的に表現されている。

前半にある長回し、身の上話。一言も聞き漏らせ無い激動の人生。
他にももっとこの人たちを見ていたいと思える内容。
もう充分、映画としての要件を満たしている。

一番好きなシーンは施設内の喫茶店で、
各人バラバラのミニテーブルだけど、みんなで同じ釜の飯を食っているところ。
治す側とか治される側とか、まぜこぜになってしまっているのが、いい。


映画の内容としては上の白いポスターががっつり合ってるんだけど、
下の「見せ物小屋的な」旧版ポスターデザインも捨てがたい。
んでも紹介は上のにしといた方がいいでしょうね。
mental_Q.jpg
公式サイトのコラムも素晴らしい。

日本の精神障害者を取り巻く状況

阿部光希(山陽新聞社編集局社会部記者)
2001年、大阪教育大付属池田小学校で起きた校内児童殺傷事件では犯人の精神科通院歴や精神障害者の再犯が増えているという趣旨の小泉純一郎首相(当時)の発言が大きく報道された。だが、統計的には精神障害者が刑法犯となる率は一般のそれより低い。この事件でも犯人が病気を装っていたことが後に判明するが、「精神障害者は何をするか分からない」という偏見を拡大した。精神障害者の地域生活をテーマにした連載を執筆するために岡山県内の病院や社会復帰施設を取材した際、アパートを借りるのに苦労したり、近所の目があって自分の家に戻れないという当事者の姿をいくたびも見た。


罪や問題を犯した人があるカテゴリに所属してたからってカテゴリの責任にすり替えるのは、
「血液型B型はうんたらかんたら」
「黒人は、韓国人はうんたらかんたら」
「ゲーム脳はうんたらかんたら」
「性表現は、ロリペドはうんたらかんたら」
「スイーツ女はうんたらかんたら」
みたいな頭の悪い偏見なんだよね、実は。

自分の利益しか考えず「性表現規制は反対だけどスイーツや韓国は叩く」みたいな奴は、
アグネスチャンを笑えない。


上映後は、想田監督の端的で分かりやすく面白いトークショー。聡明な人だ。

「精神」 想田和弘監督に聞く・映画の森
photo180371.jpg


統合失調症の方や通院歴のある方々も質問していたけど、
ポイントを押さえて的確な質問をされていた。
ホント映画の感想と同じように、どこが異常なんだ、正常じゃんとしか思えなかった。

それなら余程、朝の新聞を読んで足を運んだという健常者のおっさんのほうが
エラい人の朝礼演説みたいな、ダラダラと長く要点がない、
質問とも感想とも取れない話をしていた。

トークショーにはテレビ取材が入っていた。
タブーだろうが何だろうがガンガン特攻する番組、MBS・VOICEのキャメラだった。いつ放映かな?


自分の小学生時代。両親は共働きで、
子供を預ける行政サービスによく預けられていた。
放課後の学校、一つの空き教室に集められたのは自分のような子供と、
養護学級と呼ばれた特別な教育を受ける障害者の子らだった。

発達障害という重度障害者の「たけちゃん」は、いきなり叫んだり、走り出したりする。
それでも、人をけなす事で自分の弱さを隠すような中二病になる以前の
子供だった僕らは、とてもフラットな視点で一緒に遊んだ。

「おもろい奴」という「立場」「キャラ」のやんわりと優しい受け入れ方で、
ちゃんと彼の「居場所」があった。
おもろい奴、と言っても笑いものにするわけではなく、
ジミー大西を見て「可哀想」「笑ってはいけない」などと思わないように。


今日復活上映の「選挙」も大変良かった。
senkyo.jpg
非常にフラットな視点で、淡々と観察するスタイルに好感が持てた。

この映画を見て、特定の政党を応援したり批判したりしている、
なんて感想を持つ人は居ないのではないだろうか。

むしろ「俺ら有権者って、なんて何も考えてない馬鹿なんだろう」と
自省する事しきりかも知れない。
「小泉さん格好いいから」と自民党に票を入れたり、
「マスコミが政権交代って言ってるから」と民主党に票を入れたり、
「宗教上の理由で」と公明党に票を入れたり、
「蟹工船が流行ってるから」と日本共産党に票を入れたり、
その他諸々。

実は「精神」の中で特定の政党のポスターが画面右半分大写しになるカットがあるんだけど、前作が「選挙」である想田監督の「精神」の中で映っているという事が重要だ。
特定の政党を応援していると言うつまらないプロパガンダではなく、
「精神」と「選挙」は有機的に繋がり、連続した作品であり、
「選挙や政治は生活のすぐ隣にあるんですよ」
「他人事ではありませんよ」
という事を、自分は読み取った。
スポンサーサイト
(月) 14:21 日記
さっきメロンブックスや虎の穴を廻ってきたんだけど、
オリジナル同人ゲームの棚って無くなってた。
あるのはうみねこと、東方を初めとした二次創作物やエロゲーか、初音ミクCDのみ。

自分の作品が売れないだけなら、
「俺以外の全員が、世界のほうが間違ってる……ブツブツ」って
一人で勝手に陰々滅々としてりゃいいんだけど、
どうも同人ノベル全体の現実として、目の前に起こっている事実を見た。

メロンは同人棚が全てエロゲー(しかも二次)。
虎も二次創作で埋め尽くされた店内、一箇所CD三枚分のスペースがあって、
そこに「マヨヒガ」「(タイトル失念)」の二作品が数枚置かれている状況。

もちろん店が悪いんじゃなくて、これこそユーザが選んだ選択肢に過ぎない。
いやぁ、自業自得だねぇ。ユーザーが一極集中した結果、
すっかり多様性が無くなって保守的な世界になっちゃってる。

同人ゲーム「ひまわり」が話題になった時、
ひょっとして「俺同人ギャルゲー」というムーブメントが来るのかなと思ったけど、
後に続く物が無くアレはアレ、って事で終わっちゃった。
頑張ってるのは猫丸堂&ののの通信さんの「厨恋」ぐらいか。

すっかりエキサイティングな場じゃなくなっちゃったなぁ……。
そろそろ次の『楽園』を探さなきゃいけない時期なのだろうか。


前向きな話題も。

クリエーターズカフェ秋葉原制作所。
同人作家が作業しやすいように、思い付く限りの手を尽くしているように見える。
もちろん、採算が合う範囲内で。
その志は買いたいって事で支援。
logo_seisakujyo.jpg
以下は古い記事だけどざっくりと雰囲気がつかめる。


090223-005-001.jpg090223-005-003.jpg
写真=(c)(株)スコップミュージック
『クリエーターズカフェ秋葉原制作所』って何だ?:zakzakアニメ★声優
「クリエイターズカフェ 秋葉原制作所」に行ってみました。 - rough note.


近場なら一度行ってみたかったなぁ。
毎日は行けないけど、気分転換によさげ。
あわよくば同人作家同士の交流とか、学校のクラブ活動的なノリができるのなら、
創作自体が別の楽しみになる。
トキワ荘って、要は漫研の部室って事だし。
その過程が物凄く楽しかったのなら、例え作品が完成しなくても構わないとさえ思う。
(木) 09:33 感想

tt1.jpg

PIPな皆様

お待たせいたしました。

Tシャツとペーパーウエイトが出来上がりました。

代引きな方々には7/15から発送を始めます。
Tシャツとペーパーウエイト両方とも注文の方には、
もちろんひとまとめにして送ります。
国内であれば週末には届くはずです(居留守を使わなければ)。
もし7/20になっても、うんともすんとも届く気配がなければ
 hall《あっとまーく》ul.fool.jp
まで、ご連絡ください。

一方、お店に取りにくる方々は
7/15日以降であればご用意ができております。
なを、ペーパーウエイトの幾つかは、
クリスタルガラスの代わりにアイス製とのウワサもあり、
早く取りに来ませんと溶けます。
 

HUGO HALL


着る物が無くて外に出られなかったので助かるワァ。
小説屋のくせに字を書かない自分としては、ペーパーウェイトを頼まなかった。
買う人はやっぱ凶器目的なのかなぁと想いを馳せる。


ディスカバリーチャンネルで「Dirty Jobs<突撃! 大人の職業体験>」を見るたび、
色んな事が「分かった気に」なれる。
「気になれる」と言っても、やっぱ現実を見る事にはきっと意味があると信じたい。

日本のテレビが低視聴率で困ってるとか言うけど、
ディスカバリーチャンネルチャンネルの前では
全て陳腐な言い訳にしか聞こえない。

とりあえずま、映画「精神」、見てきます。
 →第七藝術劇場


【プレミアムシート】俳優・古田新太「舞台は何をやってもいい」 (1/2ページ) - MSN産経ニュース
tnr0812130847004-n1.jpg
「それまでプロレスラーとか、ミュージシャンとか漫画家とか、いろいろ夢見ましたが、そうか、俳優になったらすべての職業が“なんちゃって”でいいんだって思ったんですよね」


07/3/11秘密基地のトークと一貫した話。記事は短すぎて物足りないけど。
役なら勉強しなくても医者になれるし、不細工でもイケメンになれる。
変身願望というか、シンプルな話。
だけど、業が深い話だと思う。素人小説家の端くれとしても。
それは小説を書く際の中身に対する視点でもあり、
コミケとかで着物を着、同人小説家と名乗る事でもあり。

最近デーブスペクターに日本の八割の役者はダメダメだって言われてたけど、
“ドラマのアメリカ”人に言われちゃ、何の反論も出来ないよね、正直。
古田新太という役者が木更津キャッツアイでジャニタレにあんな扱いの仕打ちを受ける、この状況をさ。
昔は顔が良くなくても「演技派」枠があった。美声の名古屋章さんとかさ。
けど、学芸会レベルのイケメンや裸になっただけの女が演技派とか言われ、
それも食いつぶしちゃった。

木更津で古田新太をああいう扱いした宮藤官九郎を弾劾すべきなのか、
いや、こんなジャニーズやりたい放題の状況でも古田新太をTVに出した事を褒めるべきなのか、
自分の中でもクドカンの置き場所を決められずにいます。
脚本家としても役者としても面白くも何ともないんだけど、最後の一線として。

古田新太は古田新太で、懐が深いというか「それでいいの?」っていうか……。
自分の育て上げた「阿修羅城の瞳」でも主役の座を市川染五郎に譲ってたり(映画版も)とか、意図が見えなくて困惑する。
役者と言うより座長なのかなぁ。うーむ。


「小悪魔ageha」編集長にインタビュー、世の中には「かわいい」か「かわいくない」の2つしか無い - GIGAZINE
P1140333.jpg

「ネットに取って代わられたのではなくて、雑誌がダメになっただけなのに、すべてインターネットが普及したからとか携帯世代がどうのこうのって言っている意味が全く分からないんですよ。そんなことよりも雑誌ってすごく楽しい遊び道具なのですから、それを面白く作っていればみんな読んでくれる訳じゃないですか。それをほかのものと比較するというのが、意味が分からない」


記事を読む限り案外まともな人で、むしろ一目置ける人だった。
「頑張りすぎないで」みたいな言葉さえ野暮なほど修羅場をくぐっているみたい。
いちリーダー、いち経営者(コスト感覚があれば、それはもう立派な経営者だと思う)、
そして己が信じる感性で、
しっかりと歩んでいって頂きたいです。
(火) 20:11 公開作品
桜の樹の下には」というサンプルゲームを制作しました。
本日七夕に公開開始。フリーウェア、無料です。

これはNScripter、吉里吉里に代わるノベルゲームエンジンとして、
AIRNovel(仮名)Beta版」を公開するにあたり、サンプルゲームとして作ったものです。
まだまだ不具合が多く実装予定の機能も山積みですが、
ゆっくり育てていきたいと考えています。

あと同人小説・ゲーム作家「夕街昇雪」のペンネームとは別に、
プログラマとして「ふぁみべぇ」(famibee)を名乗ります。

サイトも別々にして作品的な話と技術的な話を分けたいなと。
「夕街さん」と呼ばれたら小説やノベルゲームの話、
ふぁみべぇさんと呼ばれたら技術的な話だなって、自分も便利ですし。
(日) 22:03 日記
いやー、遂にと言うかようやくと言うか。
abc1008.com | ABCラジオ 2009年夏の番組改編(ソース→DJ C-TYPE
ポッドキャストで聞けるといいニャー。んで投げ銭システムに。


妖怪・UFO・幽霊、まじめに学ぶ…東洋大で講義復活 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

全学総合ⅡA「妖怪学リニューアル」(発信:朝霞キャンパス) 春学期/火曜日5時限 担当者:菊地 章太 ライフデザイン学部教授
founder05.jpg

東洋大学の前進、哲学館において「妖怪学」の講義が開講されたのは明治20年。それから120年たつ現在、現代に即した「新しい妖怪学」は可能か?-今までにない「妖怪学」の構築を試みるこの講座は、朝日新書『悪魔という救い』の著者、菊地教授を中心に、宮本久義文学部教授、石原次郎総合情報学部教授、井上治代ライフデザイン学部准教授が担当します。「不可思議なものにひかれる人間の心性に目を向け、その上で科学的な検証や論理によって本質を見極めることが大切です。実体のない思い込みや、不合理な権威を打破していくための批判精神を養いましょう。まずは、私たちの想像を超える現象が世の中に満ち溢れていることに、五感を総動員して“驚愕”してください!」(菊地教授)


いやー!(誰も寝てはならぬ 風に絶叫)受講したいィィィ!!
東洋大学の前進──哲学館と言えば、「犬神使いと少年」で大変お世話になった井上円了博士が設立した学舎。
リアル「お化け博士」「妖怪博士」のお膝元で妖怪学をやると言われたら、行かないわけには……くうっ……!
ねずみ男と同じ怪奇大学には行けないけど、東洋大学ならば……っ!

悪魔という救い<菊地 章太>
悪魔という救い (朝日新書 (098))

せめて菊地章太教授の本、読んでみよかしら。

関連
苦しむことに意味が欲しい~『悪魔という救い』 菊地章太著(評:島村麻里):日経ビジネスオンライン
『小説すばる』でケン・ラッセルの『肉体の悪魔』 - ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記
(水) 06:02 日記
家族に指摘されちゃった。
やりたい事しかやってないはずなんだけどなぁ。


「何かを褒めるために別の何かをけなす」のは下品だって分かってるのに、
こないだレスラー感想の下りでエヴァ新作をけなした私の駄目さ加減。嗚呼。
宇多丸さんは、よく冷静に批評できるなぁ。

いい人ぶりたくないけど、余計な事は言わなくていい。
でも黙るという事は、自分に嘘を吐くという事でもある。
あああ。

夏場の「ペットボトル症候群」に要注意:日経ビジネスオンライン
お茶最高。


PIXIVで知ったイベント。

第1回 妖怪アートフリマ モノノケ市開催決定!!!
mononoke20mini.jpg


……って、もう終了してました……。
そもそもCOMITIA88(分福茶釜ツアー)にモロ被りだしね。
イベントに最適な日だから、より被りやすいのねぇ。


PIXIVで知った絵師さん。

怪作戦
妖怪団扇欲しいなぁ。蘭陵亭さんの水墨絵柄が涼しげ。
イラストより団扇にしたほうが、食指が動きました。

img022.gif
プロ漫画家のコースケさん。
Web漫画のジゼル姐さんが好み。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。