(日) 00:00 感想
まんが極道 4<唐沢なをき>
まんが極道 4 (BEAM COMIX)

 キツいわーもうホントキツい(笑)デビューとか目指してないのに
「どうしてもデビューできないくん(第37話)」が心に刺さる刺さる。
 どうしたらウケるんだろうとか、誰かの云う通りにやればいいのかとか、
ぐらぐら心が揺れ動く感じ。
 捨てきれないこだわり、やりたい事。

 だからって同人を「あんな小っちゃな小っちゃな世界」と切り捨てるのもどうかと思うが。
(出てくる例は唾棄すべき駄目サークル(3巻登場)なのでこのケースだけの話、と言い切れるけど)

 デビュー出来なきゃ、売れなきゃ成功じゃないというなら、プロにならない方が楽しい。
 そう云う話をすると「その人がどこに重点を置くか」という話に行き着くから、
「あんたの美学であんたの好きにすればいい。他人をとやかく云うな」としか云えないはずだ。

 まぁ、それの究極が町山さんが伝える「自分が許せば何をやってもいい」という
アメリカの現状になってしまうわけだけれど。


「漫画家の妻(第38話)」も聞くね、こういう話。
似たような状況、見た事有るしな……。

「パチンカス(第39話)」はネットスラングだけど、
初めて表現する言葉なんだからこのまま日本語になってもおかしくない。
カス。カスなんだよなぁ。ホントにこういう人居るんだよなぁ……。

「いや、そうじゃなくて(第42話)」は一時話題になった
唐沢なをき本人のNHK取材であったイヤな目顛末記。
 とうとう体壊して我慢成らなくて取材キャンセルしたとこまで
そのまま漫画化されています。

「酸欠くん(第43話)」はときおり陥るので我ながら注意が必要。
自分が嫌いな作品を否定する理由とかに使い出が良くてついつい手を出す。
淀川長治先生の「私は(今のとこ)判らない」の教えを忘れ気味。

「矜持(第44話)」も示唆に富んでいる。
「エロ漫画ってもう一般社会に居場所があるもんじゃなかったの!?」
「みんなコミプ(引用者注:コミケ?)行ったことないのか!? あんなにたくさんの人間がエロ漫画買ってるじゃん」
「同人誌だってエロゲーだって市民権 得てるじゃん」

 一昔前なら「世間が狭い」と言い切れたけど、コミケがでかくなりすぎ、
ある程度は食うに困らなくなっているから、上記の言葉もそう間違いとは
言い切れなくなっている。
 もちろん私は大手同人ではないし食えないので「小っちゃな世界」だが、
商業に行けば売れるってわけじゃないんだから。成功という船に
全員が乗れないのはみんな知っている事だ。
 そんなの一握りしか成れないって判ってるのに多くの人が宝くじを買うわけだけど。


「これを成し遂げれば正しい」「これを目指すべき」ってものが無くなってるよね。



超弩級少女4946 1<東 毅>
超弩級少女4946 1 (少年サンデーコミックス)

超弩級少女4946 / 2 (少年サンデーコミックス)
圧倒的に「正しい」現実が主人公マコトとまなを襲う。
それでも「自分たちの想い」が正しいのだと確信し、やっぱり疑問を抱き、
それでも進んでいく。
強力なライバルは勝つための噛ませ犬ではなく、
自分の弱点と向き合う事そのもので。
葛藤に真っ正面に向かい合う姿こそが「少年漫画」であり、
その姿勢だけは「間違っていない」と信じたい。

巨大娘好きなんで割と萌える。エロ度は上品に抑えられている。
「まんが極道」を踏まえていると、商業的な「萌えニーズ」「小ネタウケ」にもちゃんと対応しつつ、自分の描きたい事を描こうと戦っている作者の姿勢が透けて見える。
冬コミで応援してますって声かけた漫画家さんの一人です。
漫画も面白いし、その葛藤が呉越同舟する、苦しいがプロとしての姿勢も応援してます。


むかし古本屋で見つけた漫画を思い出した。
CAN☆キャンえぶりでい 5<ひすゎし>
CANキャンえぶりでい 5 (少年ジャンプコミックス)

鳥山明の初期アシスタントさんのデビュー作。
五巻に「大愛情物語の巻」(ソースはネット、タイトル間違ってたらごめん)というのがあって。
身長2・5メートルぐらいの女の子に好かれた男が、
周りの奇異の目を気にして邪険にするのだった──というお話。
最後は「でかい女と付き合う」事をバカにされた男が、
「そんなの好き好きじゃん」(もう一言あったが失念)
と、逆ギレや怒るでもなく、自然な笑顔でさらりと答えるのだ。

もう決して揺るがないであろう価値観と、
かといって他人に押しつけない姿勢が素敵だった。
他人に喧伝しないという事はこの漫画自身のように忘れ去られていくのだろうけど、
その志は何よりも美しいと思った。
(木) 19:04 日記

「カンガルー300万頭撃ち殺す豪州に反捕鯨の資格あるか」
国際紙がコラムを掲載<MSN産経ニュース>
日本の調査捕鯨船「日新丸」に向け、レーザー光線を照射する米環境保護団体「シー・シェパード」の抗議船=14日、南極海(日本鯨類研究所提供)
(写真は日本鯨類研究所提供)

「豪州は、作物や牧草を守るため年間300万頭余の野生のカンガルーを撃っている」
「豪州が選別的感情の問題をアジアの主要同盟国との外交対立にまでしたのは愚劣以外の何物でもない」(抜粋)


オーストラリアはカンガルーを「頭の悪い動物」だと思っているという事ね。
頭の善し悪しで殺されちゃうのかぁ。
じゃあアタイも気をつけなきゃね。


「全店制覇! 秋月電子通商のすべて」<武蔵野電波>

 あの「プロトタイパーズ」が帰ってきました。月一連載です。ネタはもっと幅広く、もっとディープに展開します。ご期待ください。(編集部)


 奴らが帰ってきた! ちょっとした「大人の社会科見学」テイストで面白い~。
20100225prototypers_05.gif
20100225prototypers_12.gif
 高校の先輩が大阪のデジットでバイトしてたなぁ。
 左隣の建物が丸ごと倉庫らしく、結構カオスらしい(笑)
こんな感じなのかしらん。
20100225prototypers_24.gif

たぶんここが社長席です。自席でじっとしていることはないのだな、ということがわかります。


 むしろカッコイイ社長室。
 革張りの椅子にふんぞり返ってちゃ、トヨタみたいに
アメリカ公聴会に呼び出される羽目になるしね。
(月) 19:46 感想
たまたま検索に引っかかったtwitterの背景が……
20100222_kumakura.jpg
もっけ 9<熊倉 隆敏>
もっけ 9 (アフタヌーンKC)


ロリコンエロ漫画描けばいいのに、と思ったけど、多分ちょっと違うのかもね。
なんつーかハウス食品アニメやNHKアニメ好きというか、「健全なロリ漫画」が好きなんだろうなぁ。
ロリ道は深いのぅ。


あ、つい昨日初めてまいんちゃん見たんだけど

思ったよりアニメ声だった。アニメパートとの相性が良さそうだ。


おっと、アグネスに怒られちゃうのでバランス取らなきゃ。

ピエール瀧×画太郎先生の問題作、7年の時を経てグッズ化<コミックナタリー>
「樹海少年ZOO1」ポストカード




高校大パニック+1/880000の孤独 [DVD]
高校大パニック<石井聰亙>
短い……。うーん、面白くないね。処女作だからかな。
刑事や警察ばかり映されている。力点の置き所を間違っている。
初めてこのテーマをやったと云う事なのかな?
それなら当時の意義という事であって、作品の評価とは別の話だなぁ。

1/880000の孤独<石井聰亙>
青春時代の暗黒面を丁寧に描き出している。グッと良くなっている。
ラストはやるせないが納得できる、いい締めだと思う。
高校大パニックのようにライフルなんて無い、ど派手な感情爆発も現実に出来ない……って事が
よりやるかたなく、だからこそ青春の暗黒面、閉塞感の延長であるのだ。
抜け出せてない、そんな事しかできない、そんな事して何になる。
それだからこそ、このラストは正しいのだ。


あとは「もやしもん」見たいかも。
ノイタミナが4月より1時間2本立て!全貌判明の会見レポ<コミックナタリー>
news_large_DSC_3173_20100222194024.jpeg

西田w 木村さんも良さげ。
(木) 22:37 感想
今日わんだ~らんどになんとなく寄ったんだけど、レイアウト変更中でちょっとびっくり。エロ本平台に普通の本があったり、移動中で本がない棚があったり。
部屋の模様替えしたような、新鮮な気持ち。結構好き。特にこの瞬間に立ち会えると何かウキウキする。

しかし品揃えがさすが老舗の漫画専門店。面白そうだけど売れなさそうな(笑)漫画にも棚を割いていて、大手と同じ事してちゃだめだって意気込みが伺える。
オタクショップと言うより、なんとなく空気感がコミティアに近いんだよね。

カード薦められるので、作ろうかなー。よく買うし。
わんだ~らんどのお勧め本は割と信用しています。(業界グルでプッシュしているようなやつ以外は)


波打際のむろみさん 1<名島 啓二>
波打際のむろみさん 1 (少年マガジンコミックス)

絵も可愛いしノリがいいギャグ漫画。博多弁の人魚が可愛い。
楽屋トークもなかなかぶっちゃけてて面白い。


お江戸とてシャン<森島 明子>
お江戸とてシャン (まんがタイムコミックス)

花形職業の火消し・鳶《とび》職を中心に笑いを交えつつ江戸の生活を画く四コマ漫画。
POPな絵柄で今時の人にも読めるかも。分量有るけど四コマなので、待ち時間にちょっとずつ読めていい感じ。

他にも色々買ったけど、これから読むー。レンタルDVDもあるけど(汗)
真昼に深夜子 1巻<宮田紘次>
真昼に深夜子 1巻 (BEAM COMIX)


ちょく! 1<谷川 ニコ>
ちょく! 1 (ガンガンコミックスONLINE)


超弩級少女4946 / 2<東 毅>
超弩級少女4946 / 2 (少年サンデーコミックス)


課長令嬢 1<たかち ひろなり>
課長令嬢 1 (少年マガジンコミックス)

最後の漫画は作画風景を公開しているらしい。
(日) 23:05 感想
Google Chrome for Mac、早くて凄くいいね。Firefoxがフリーズしているような気さえする。
拡張機能はとりあえず「AdBlock」「AutoPager Chrome」「Smooth Gestures」があれば充分かも。


今日「ミリオンダラーベイビー」見たんだけどさ、結構クルね。
徒歩で近所を歩かずには居られないぐらい、外に出たくなった。
レモンパイ一口食いたい。


コミック百合姫
コミック百合姫 2010年 03月号 [雑誌]

百合シチュ好きの小遣いをかすめ取る雑誌、だなんて云えない。
恋愛漫画としてきちんと面白かったり、相手の気持ちに気付く繊細な表現とか、結構侮れないクオリティだ。
恋愛における心情を赤裸々に描く、と云う意味ではイブニングの「モテキ」にも引けを取らない。
モテキ 3<久保 ミツロウ>
モテキ 3 (イブニングKC)

モテキは男子がアホすぎて、三巻からちょっと感情移入がし難くなってきたんだけどね。
あんなもんなんすかね、世の男子は。女の子に言い寄られたら突っぱねる事とか一切しないもんなんすかね。
なんとなくでも良いから、心に決めた女子に操を立てる事もせず。

閑話休題。
百合姫でいいなと思ったのは、学生同士だけじゃなく社会で働く大人──しかも事務員とか薬局と製薬会社の営業とか、まずトレンディドラマで拾われない市井の人々を拾い上げて画いている点。雑誌で年齢層を限定しないというスタンス、このまま続けて欲しいなと思う。
竹宮ジン先生(コミティアで知った)や東雲水生先生は言わずもがなで評価高いだろうけど、
前紹介した森島明子先生や四ツ原フリコ先生、古街キッカ先生や天野しゅにんた先生など、
毎回全く違った人々の恋愛模様を画き、それでいて身につまされる恋愛物語になっている。

マシュー正木先生のドタバタギャグがいい感じの気分転換になって良いねw
(火) 05:48 同人
「片輪車と雪女」について感想を頂いております。
取っつきにくい話ですみません(汗)

Project Lips > AVGレビュー > 一般&男性向け > シェアAVG・Type1 > 片輪車と雪女
 Project Lips アライコウさん

片輪車と雪女 感想 - ここにいないのは
 ここにいないのは ぱぶ さん

趣味の箱 片輪車と雪女 クリア ちょこっと追加
 趣味の箱 TKTKkarugamoさん

650の無味乾燥:C77作品レビュー27 片輪車と雪女
 650の無味乾燥 650さん

おすすめ同人紹介:コミックマーケット77作品感想 片輪車と雪女
 おすすめ同人紹介 みなみさん

New! 2017/03/27 M.Mの部屋 M.Mさん


ほ、褒めすぎじゃないですか(汁)
とは云え、なんか元気出てくる自分の単純さよ。


2010/01/30 20:00更新
拍手コメント有難うございます!
厳しい感想も人物を気に入って頂いた裏返し……というのも嬉しいやら申し訳ないやら。
実はフォローする展開もあったんですが、まとまらなくなるので泣く泣く(汗)

サイドストーリーとかいいですねー。確かに。
過去作とかも発表した後で妄想が膨らむ事がよくあるので。
(人形城とか、丸々それみたいなものですからねー)
(木) 20:58 感想
なんかレンタルビデオで映画見始めてから調子が良くて良くて。
未読で積んでた本もどんどん消化してたり。ちょっと楽しい。

ハッピーマンデー [DVD]<鳥居みゆき>
鳥居みゆき ハッピーマンデー [DVD]

 中々いいね。なんでこんなに鳥居のキチガイぶりを見るのは微笑ましいのだろう。
 小さな子供のイノセンスさを見ているような、あたたかい気持ちになる。

 子供とはキチガイで、キチガイとは子供や動物に戻る事なのかもしれない。
 だから「生きものの記録」のお父さんはキチガイじゃないと思う。
生きものの記録<普及版> [DVD]<黒澤明、三船敏郎、三好栄子、清水将夫、千秋実、青山京子ほか>
生きものの記録<普及版> [DVD]

 ……おお、あのお父さんをキチガイではないと断言できた。少なくとも私の心の中では納得できた。よしよし。
 むしろ周りのじっとしている系の精神障害の人々が「何もしないキチガイ=現代人」のメタファーに思えてくる。あのシーンに叫んだり暴れ回るタイプの精神疾患の人を「出してはならない」のだ。メリハリが付かないから。
 なるほどー。

 テンポが辛いとこもあったが、身につまされる部分も多かった。中々。
 太陽を恐れるシーンは引き込まれるものがある。本当に地球に見えてくる。



 じゃあ行動を起こしたらどうなるのか?

雷撃☆SSガール<至道 流星>
雷撃☆SSガール (講談社BOX)

 面白かった。明らかにハルヒ登場人物を人物モデルとしたラノベ部分、第七章までは飛ばし読みして良い。時間の無駄。作者は人物に何の思い入れもない。
 本題は丁度真ん中、八章にしてようやく出てくる。それまでは読者をリンというキャラに慣れさせる手続きに過ぎない。
 カネなんて馬鹿みたいに簡単に稼げるという事を示し、金儲けの空虚さをまざまざと見せつける。

 この小説を読んで、あの「金儲けそのもの」や、「お金」が馬鹿らしくなる感情がぶり返した。

 私もカネに興味がない。馬鹿らしいし、カネを持っていても使い道が判らない。
 自虐でヒビキさんが「お金に興味はありません」と云うのは格好つけではなく、本心から出た言葉だ。

 昔働いていた会社の社長。
 若いが金儲けの才能は尊敬に値する人だった。そのエネルギーある人物は好きだった。そこは嘘ではない。
 彼の元で働いていると、そう云う儲け話はイヤと云うほど耳に入ってきた。
 私は昔から人の話を聴くたち《ヽヽ》なので、話したがるその人にとっていい聞き役だったのだろう。話も面白かった。

 大阪府知事太田房江という政治と結びついて利権を囲い込むさまや、ホリエモンがどこぞの球団を買おうとした当時、ホリエモンと楽天三木谷は当たり前のように友達でメールもやりとりしているし、最終的には三木谷が買う事になってるんだよと云ったらその通り堀江が失敗→三木谷が買う、と予言した通りになっていくのをニュースで目の当たりにしたりとか。
 テレビをチェックし、人気タレントが身につけているアクセを携帯ですぐ買える通販サイトで売り出す、という「一日中テレビを観てるだけ」の商売で数億稼いでる知人の話とか。

 それはちょうど、SSガールを読んだ興奮と虚無感に似ていた。
話は面白くて聴いてしまうのだが、聴く度に心はかさついていく。

 今考えれば楽しそうに金儲けの話をする彼の話こそ、逆に私が金儲けに距離を置く契機になった。
 今となっては「人として嫌いな人」になった。愛人を囲い、女子社員に手を出しつつ、自分の嫁を「月四〇万渡せば子供を育ててくれる人」と云いきる人だから。

 SSガールはご都合主義も多いが最短手で金儲けする方法を書いてしまっている。
 オセロは先に角を押さえるとか、アタック25のグランドクロスとか、そういう必勝法。
 だが、必勝法を知ったゲームの面白さは数段落ちるものだ。

 ナニワ金融道は借金ノウハウ物と見せかけて人の業を画く漫画だったし、
カイジは「必勝法を発見する過程、必勝法ミステリ」という面白さだった。
 だがSSガールは単なるHow Toものの域を出られていない。そのうえ工夫無く必勝法を見せられた今、ゲームはただの作業になる。
 だから読むと世の中がつまらなくなる作品になっている。

 その筆力を認めるからこそ、最近出た続編は読みたくない。現実逃避と呼んでくれて結構。私は「突撃!大人の職業体験(Dirty Jobs)」を見る。
DirtyJobs.jpg

 世界征服後のビジョンは語られない。考えてないのか、将来の作品で語られるのか。
 狂四郎2030が見せた地獄のような社会に匹敵する完成度を、期待するのは酷だろう。そういう形の才能ではないから。倉科遼のように現実を元ネタとする事には長けているようだが。