(月) 14:25 同人
t2bn_450x60.png
Doujin24 in OSAKA 2011
http://doujin24.com/osaka2011/

ほぼ一箇月後の大阪日本橋で開催、同人ゲームを盛り上げよう! と云うイベントです。
詳細はリンク先にて。入場無料!
t2bn_200x200.png

活動漫画屋としてはXNovel作品をEppPC一台で開発するデモを予定しています。

大きな地図で見る
(月) 14:48 日記
東北関東大震災の犠牲者・被災者みなさまにお見舞い申し上げます。

月曜です。被害の少ない西日本に経済回す責任があります。
地震や原発情報に気を取られがちですが、ビジネス系の人もエンタメ系の人もそれぞれの仕事を堂々と進めて頂きたいです。


丁度二年前ぐらいに引用した、漫画のセリフを引用します。

世界大戦の最中でも 人間は歌と娯楽を忘れたことはねえ
マリリン・モンローが慰問に行けば 死にかけた兵隊も起き上がれる
 人間とはそういう生き物だ
大衆は楽しいこと嬉しいことには喜んで金を出す
 消費が冷え込んだ今こそ 俺達娯楽屋が気合いを見せる時だ

王様の仕立て屋<大河原遁>「勝利への脱出」より)


折からの不況でスポンサーが次々に降りる中、映画職人の監督がスタッフを鼓舞する台詞。
作者の漫画に向ける気合いを込めたようにも思えるのが、また面白い。
あたいも気合い入れなきゃね!

(金) 21:19 感想
路地恋花(2)<麻生 みこと>
路地恋花(2) (アフタヌーンKC)

前回の路地恋花への感想が支離滅裂すぎて面白い。おいときます。
二巻読み始めてますがいいねー。女子に血が通ってて。
男子はちょっと都合のいいイケメンお人形だけど、喫茶店のマスターは血が通っている気がする。
「書けない小説家」って事にシンパシーを感じますね。書けないから。
喫茶店のマスターとゴスロリお菓子娘の話が一番好きです。

とりあえずまぁプロット程々に、本文書き始めようとして、まずはブログに手を出してます。

そう言やのカナ<野村 宗弘>
そう言やのカナ 1巻 (ニチブンコミックス)

想像以上に良かったです。
表題作はいつもの野村さんらしいほのぼの夫婦物語。

特筆すべきは、デビューのきっかけとなった処女作「ケーブルニヤリ」。
25歳でプロ漫画化を諦め、29歳頃にペン入れした、まだまだ荒が見える漫画。
でもこれがもう、輝いているんです。野村宗弘さんの作品になっている。

それだけじゃない、「十ケ所くらいの穴」はマリッジブルーに囚われながら
結婚への準備を進める女性の心境を描くケータイ漫画。
奥さんにインタビューしたのかな? てぐらい大変細かいネタや女性がチェックしそうな視点が面白いです。