(土) 03:22 同人
【更新 9/28】COMITIA 106、配置は【ひ03a】!

 同人ゲーム.fesにお越し頂き有り難う御座いました!
 アニメイトビルという階レベルで新レイアウトになってましたが、割合多くの方にお越し頂きなかなか人気《ひとけ》がありましたね。拙作や他のサークル作品でお楽しみ頂ければ幸いです!
 よく通る声でアナウンスして下さった大山チロルさんもお疲れ様でした(ノ´∀`)ノ

 来月と年末にイベント参加予定です。
10/20◆COMITIA 106【ひ03a】
12/e◆C85【申込中、黒柴亭さんと合体で】
(月) 22:38 同人
 9/21に同人ゲーム.fes、参加します〜。今年の参加は、残りこれと冬コミだけです。
 犬神以降のノベルゲームと、犬神抄辺りを持っていこうかと。参加サークルはこちら〜。


「柊さんといっしょ!」関係の募金の使い道、以下のように決めました。

「なまり節ラー油」!!!

なまり節ラー油:地元高校生が開発、気仙沼PR 来月発表会、新メニュー作りに試行錯誤 /宮城- 毎日jp(毎日新聞)
 全国一の水揚げを誇る気仙沼産カツオの新たな魅力をアピールしようと、地元の高校生が、商品開発に取り組んでいる。これまでの活動で生まれた「なまり節ラー油」。伝統の食材に流行を取り入れた味で、9月に予定されている新商品の発表会に向けて、パッケージや、「なまり節ラー油」を使ったメニューのレシピ作りに試行錯誤を続けている。



「なまり節ラー油」が示唆するもの グローバルとローカル - SankeiBiz(サンケイビズ)
 そこで彼らが発見したことがある。
「乾物はこんなにも美味なのか!」と彼らは驚いた

 いや、正確には「再発見」だ。 

 塩漬けの干物にした鱈を戻しエキストラ・ヴァージン・オイルをかけて食べた味が忘れられなかった。宿泊先のレストランのメニューの一つだ。「乾物はこんなにも美味なのか!」と彼らは驚き、そして考えた。
 もしかしたら鮮度の高さが一番という考え方に侵され過ぎているのではないか? 特に気仙沼のような港町ではその傾向が強く、新しい発想を生む阻害になっているのではないか? と。



復興ストーリー | イノベーション東北
 教育プログラムに参加した16名の高校生。最初は「マックもスタバもない気仙沼はダサいから大学に進学して地元を出たい」と言っていたのに、いつしか「気仙沼にはカッコイイ人がたくさんいる。だから何か学んで自分もいつか地元に戻ってくるために大学に行く」と言うようになった。その姿は周囲の大人を突き動かし、やがて単に試作品だった「なまり節ラー油」(仮称)を本気で商品化し、全国の人に届けようという第2章が始動


 長文のサイトも、この「なまり節ラー油」に込められた背後の「物語」を感じさせ、かつ未来へと繋がる実感を与えてくれます。大ヒットとはいかないまでも、気仙沼を支える若者たちの未来へと繋がることでしょう。

 実際の応援は「READY FOR ?」というサイトから行ないました。

気仙沼の高校生が考案!地元食材を活かした新商品「なまり節ラー油」を全国に届けたい(小川悠) - READYFOR?
「なまり節ラー油を全国に届けることで、地元の良さを伝えていきたい!!」 高校生たちの想いは加速するばかり。
いま、彼らは真剣に、商品化を実現させようとしています。
高校生たちの活動から、大人を、地域を、全国を変えていく第一歩。 実現するためには、この活動を心から応援してくださる皆様のご支援が必要です!

気仙沼の高校生たちの想いを、一緒に全国に届けましょう!


 個人的な支援として、当初の予定ではなかった柊鰯の売上からも拠出しましたが、まぁ震災のお話しなので良いのでは。

 目標の140万をクリアしたので、募金・実行確定です。
 コミケ会場などで、なまり節ラー油実物やサンクスレター類を展示できるかなと思います。(冬コミに間に合うかは未確認)

 なまり節ラー油を冷や奴にのせて食べたい( ̄¬ ̄*)じゅるり