(土) 19:51 感想
人のお薦めで見た電脳コイル面白い。三話ぐらいまで見た。
第一回は明らかにお座敷釣り堀へのオマージュですなぁ。新ドラアニメ第一話の。
世界観はライト電脳というよりローカル電脳って感じのお話。だから意外に「もっけ」に近い日常感がある。
世界観デザインはなんか、植芝理一の「ディスコミュニケーション」+電脳って感じ。スタンリー・キューブリックの言う「人は見た事がない物をデザインできない」って奴だろう。キチガイ電波系の人が描く妄想に、UFOブームの時はUFOが出てきて、心霊ブームの時は心霊が出てくるように。

WOWOWでやってた「復活の日」が面白かった。大作SFで採算は取れたかどうか怪しいけど、昔はこんな志の高い知的な映画を撮ってたんだなぁと感慨深い。
細かいツッコミ(細菌汚染の恐れがあるのに自衛隊がマスクしてないとか、主人公がアメリカ軍人について行きたがる動機の説明不足)もあるけど、基本面白かった。
こう、南極基地の狭さや閉空間に詰まった生活感、外に広がる広々とした白と青の南極の風景、そして荒涼とした大地を彷徨う寂しさ、訪問する過去の建物や遺跡、そういう路地裏のように「誰も見てないけど確かにそこに在る」という「場所のリアリティ」が凄い好き。
人のリアリティも厳粛に描かれる。五人の女性が数百人の男を相手にしなければならないという現実を。
日本沈没も見たいわぁん。もちろん伊集院の言ってたTVドラマ版ね。

「シグルイ」アニメが面白い。夏の蒸し暑い、苛立ちを通り越して脳が沸騰しバカになっちゃう感じが良く出てる。日本の描写で夏はもってこいだな。
原作は読んでないけど全然面白い。こうなったらアニメ版を先に見て、原作を読むか。

来月WOWOWで「薮原検校」の舞台をやるらしい。古田新太主演。勝新の「不知火検校」もピカレスクで面白かったけど、いつもギャグをやる古田新太のマジが見れるのはゾクゾクする。

ERはシーズン1から見ようっと。
TrackBackURL
→http://ugainovel.blog112.fc2.com/tb.php/211-b32077c5