上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(土) 15:41 感想
ついさっき、公開初日の映画「Sicko」を見た。
アメリカひでぇー。自由の国なぁ……。のたれ死ぬか、借金背負って死ぬまで働くかを選べる自由だが。

アメリカ以外の国の健康保険制度の素晴らしさも紹介される。無料、タダ、負担無し。低所得者には交通費をキャッシュバックする国も。アメリカとは天と地の差だ。
外国が全て素晴らしい、んじゃなくて、色々な考え方でそれぞれが勝手に自立して行動しているからこその現象だと思う。いいところは学び、悪いところは気をつければいい。
少なくとも、自分の考え方を押しつけちゃダメだ。多様性こそ、自省と進歩のヒントなのだから。

日本も大概ひどいけどな……とか思いながら見終わって席を立つと、結構お年寄りも見に来ていた。公開初日、梅田ロフトの下という若者の街の映画館に。関心の高さが伺えたのと同時に、この人たちはどう思ったのか気になった。
ま、自分も怪我したらすぐ他人事ではなくなるわけだけど。

ちょうど二ヶ月前に町山智浩さんが2007年6月26日(火)2007年7月3日(火)の「コラムの花道」で映画紹介してますよん。ややネタバレだけど、聞いてから行っても面白かったよ。


映画「ベクシル-2077日本鎖国-」も公開すぐに見た。
雪とか水とか、CGすげぇぇぇ! ここまで出来るんだなぁ……。
……で、映画はいまいち。監督はCGの扱いは上手いけど、まずは普通の映画の監督業や脚本を勉強したほうがいいと思う……。
鎖国した日本で起こってる事そのものは面白かったし、あとは広げよう、描き方だったと思う。


うーん、日本って非日常をアニメや漫画で描かせると世界一クラスだけど、現実を見たり描いたりするのは凄い下手なんじゃないか?
作家もそうだけど、近年のヒット作品を見てると夢見がちで何も考えずに見れる作品ばかり。観客も現実を描いた作品を読み取り楽しむリテラシーが低い気がする。

関連記事
ハッピバースデーつーゆー…ジャスラックです著作権料下さい
弁当うめー
最近気づいたこと。自分は何も知らない
TrackBackURL
→http://ugainovel.blog112.fc2.com/tb.php/275-21afa2ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。