(木) 13:25 感想
 iPhoneから電話機能を取ったiPod touchが出るらしい。(参考記事
 MaxOSが動く。無線LANとかでWebも見れる。Youtubeも見れる。
 ……んじゃぁ、SkypeなどのIP電話で電話できちゃうんじゃないの? 電話会社に料金払わずに。しかもあのiPhoneが今すぐ日本で使えるわけだ。

 あと思ったのがセルコンピュータとWebネット構想をくっつけたようなアイディア。
 街にいっぱいあるLAN基地、ニンテンドーDS、携帯ゲーム機、携帯などが、有機的にネットワークを構成するようなシステム(があれば面白そう)。何か面白い事ができそうだ。


 前回の秘密基地は久々の技術立国日本な特集で、科学大好きっ子にはウハウハだった。
 一見普通のガラス。だが製造時、熱で飴のように熔けている表面に金属成分をコーティングしてあるウォームガラスというものを紹介。
 透明なガラスに電気が流れる。ただそれだけ。なのに、これがめちゃめちゃ広い用途を持つのだ。

 電気を流すと電熱線のようにガラスを温める。これをコンビニの壁一面ガラスに使えば暖房費が節約できる。部屋の熱損失の半分は窓ガラスからであり、熱しやすく冷めにくいガラスを一定の温度に保つのは空気よりもずっとロスが少なく、はるかに電気代が安くなるという。
 わざと常時微弱な電流を流す事で、そのガラスが割られた事を知らせるセンサー機能をガラスそのものに持たせる事が出来る。
 ガラスのテーブルを作る事で、その上にポットを置けばポットの電力を供給する。電源コードが無くなる。もちろん携帯を置けば携帯の充電。ノートPCを置けばクレイドルに差さずに電源供給とUSB接続さえ出来るだろう。
 そのうち透明なガラスCPUってのが出来るかも知れない。メリットは今思い付かないけど、作ってみて調べると何かまた枝葉が見つかるかも知れない。光CPUとの親和性が高いとかかな?

 一見つまらなく思えても、いかに応用するかでその真価はどんどん広がる。
 こないだの日記の具体例があったので、秘密基地から引用してみた。
TrackBackURL
→http://ugainovel.blog112.fc2.com/tb.php/281-d28213e2