(木) 20:11 図書館列車書庫
ミドリさん<今日マチ子>

このマンガは、ミドリさんとその家族を中心とした人たちの暮らしを綴っていきます。
彼女たちは、今の生活や、これからのことをあれこれ考えながらも、環境や心の機微を大事にしながら、毎日を自分らしく暮らしています。
彼女たちの生活をながめることが、
みなさんの生活の中のちょっとした楽しみや、
自分の身の回りのことを考えるきっかけになってくれれば、とてもうれしいです。
すこしずつ更新していくので、ミドリさんたちのことが気になったら、
ちょっとした休み時間にでも、ごらんいただければと思います。


読んでまったり~。


Works<epo>【図書館列車書庫入り!】

「鷲崎健の超ラジ!」で紹介してたので購入。これはいいものだー。
「Down Town」おれたちひょうきん族のエンディングテーマで大好きだった曲。カラオケであれば必ず歌うね。SugarBabeの曲だけど、epoカバー版で有名かも。
「ある朝、風に吹かれて」さわやか~。これもCMソングだった気がする。
他の曲も割とおすすめ。まだまだ知らない歌手は居そうだね。


十年ほど住んだ町を去る。
来たときには何もない町だったのに、USJできるわ、高層マンションがソル(byゼビウス)のように立つわ、「そんな計画あったらしいよ」で凍結されていた西大阪線延伸(近鉄と阪神西大阪線、つまり神戸~大阪~奈良を一本で繋ぐ)が二年後完成だわ、コーナンと中学校と高校が出来るわ、……ほんと自分が去ると町が発展する。てか今回、前の引っ越し以上に発展してる。

逆に考えるんだ! 自分が町を育て、実ったから次の荒れ地へ行くんだ!
逆に考えるんだ! 戦後レジュームの実体をさらけ出し、共に心中する覚悟なんだ!

……誰が貧乏神じゃー。

関連記事
【図書館列車書庫】
TrackBackURL
→http://ugainovel.blog112.fc2.com/tb.php/284-9717668a