上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(月) 00:00 感想
でも書く。ずこー。

扉の外<土橋真二郎>
アイディアと着眼点に脱帽。素晴らしい寓話化。簡単なルールと寓話テーマをよく掘り下げていると思う。
(同人ゲーム「キラークイーン
のルールは、記憶力がない自分の頭では同時に全体像を捉えきれず参加できなかった……orz
あちきのオツムではじゃんけんカードやEカードが限界なの(´Д⊂)
ただ、主人公の人柄が大っ嫌い。中二病って言えば一言なんだけど……感想も表現の練習なので
しっかり書こうっと。書いてて気付くことも多いし。
(以下ネタバレ含む)
最初から最後まで自分以外に対しての愚痴を聞かされ続ける。他人に悪態をつく。惰性で女を求める。
手首の装置もすぐ外す(=協調を嫌う)くせに、とっとと部屋を出て行こうとしない。
意思決定から逃げ続けているだけだ。正直、このせいで読むのを何度も中断したかった。
そういう主人公描写で百パーセント? 構成されている
阿Q正伝”は
「俺なんでこんなの読まなきゃいけないんだろう」って途中で放棄したけど、
これはゲームの行方だけは見ておきたいので我慢して読み続けた。……ここまではいい。
強い人ばかりじゃないし、人間の汚い部分を主人公に集合させ書きたかったかったんだろう。
問題は、物語が終わりを迎えても結局逃げ続けていることだ。言葉にも態度にも意志が感じられない。
いい雰囲気になった女といちゃいちゃして、袋の鼠で現実逃避しているだけだ。
……あれ? これってセカイ系でありがちなパターンか?
行動をしないから失敗もしない、0という安住の地から一歩も動いていない。
決定したんじゃなくて流されただけだから。あくまで客観を貫き参加をしない。
……こいつは何も学んでいない。
そんな主人公より、汚い部分を見せながらも必死に生き抜こうともがく少女たちのほうが余程美しい。
主人公はどうでもいいから、少女たちの心情描写を読みたかった。

斉藤さん<小田ゆうあ>
「マナーの悪い若者を注意できますか?」現実からの直球。衝撃を受けた。心臓がばくばく言った。
“扉の外”に無いもの、セカイ系とやらが目を背けている物がここにある。
君に届け1<椎名軽穂>
みんなと仲良くしたいのに、その容貌から“ひるまサン”のように恐れられてしまう爽子ちゃん。
性格は非現実的なほど前向きだけど和む~。ええ子や……! これはこれで世間との対応の仕方だよね。
赤毛のアンを思い出した。(マリラ・カスバートのツンデレこそ至高だと思うのだがどうか)
少女ファイト2<日本橋ヨヲコ>
まだまだこれから。
ファイン4<信濃川日出雄>
綺麗にまとまってると思う。(はいネタバレ)一見何も変わっていないようだけど、その目には確かに意志が宿っている。
ハムサラダくん完全版(上・下)<吉田忠>
フィクションや小学生ギャグが多く、良くも悪くもコロコロテイスト。だが決して“まんが道”の劣化版ではない。男の子が持つコロコロ魂とでも言うべきなにかが血を熱くたぎらせる。
大人たちはあくまで脇役に徹し、少年たちを優しく見守り、時には厳しく叱咤する懐の深さにホロリ。
(プチネタバレ)先生が二人を見送るコマは、泣き笑える屈指の名シーンだ。
新ブラックジャックによろしく1
安定して面白いですね。顔の書き方がちょっと怖くなったけど(汗)
SBR11
今回はかなり面白い。他の話の支えがあってこそだけどね。
あのネタは「イソップ寓話+水木しげる」ですか!?
水惑星年代記1<大石まさる>
まぁまぁかな。でもこれはこのぐらいのまったり感こそがいいと思う。
TrackBackURL
→http://ugainovel.blog112.fc2.com/tb.php/31-3d7f1ec0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。