(水) 21:34 日記
最近やっと書き始めてまーす。
短編小説「大禿」。おおかぶろ、と読みます。

11/21までにgmail宛てにメール下さった方、居ましたらスパムメール扱いされている場合があります。お手数ですが再度メールしていただけますようお願いいたします。


拍手レス。

≫お元気そうで何よりです。


ぼちぼちでんな~。冬コミは来れないそうで、残念ですが楽しくやってくれ~。


書き忘れてた日記のネタを大掃除~。

●チーターマン
この二つがお気に入り。


二次創作と言うか、絵画や彫刻の美術では「モチーフ」と言いますね。
元ネタに触発されてはいるんだけど、決して二次創作ではなく燃料として燃やし尽くして跡形が残らない、そういう創作の形があるなぁと気付かされて。
あと教会の力が強大だった中世、絵描きが裸を描こうと思ったら宗教画、神話の世界の神々をテーマにするしかなかった背景があったりしたし、丁度いま創作物を見てもらおうと思ったら「東方」「らきすた」「初音ミク」「チーターマン」でないと見向きもされなかったりするし。


●コミックガンボ
一一月一八日の秘密基地・日曜ゼミナールは、カンニング竹山さん講師の「本最新事情」だった。

<概要>
日本最大の売上を誇る出版社は「小学館」「講談社」「集英社」ではなく、「リクルート」が一位、「ベネッセコーポレーション」(進研ゼミの会社)が二位だという。
リクルートの売上高4875億は、小学館・講談社・集英社三社を足したものさえ上回るという。
その収益はホットペッパーやR25などフリーペーパーの広告費。リクルートはフリーペーパーという市場を開拓した。
ネットの普及に伴い、有料の本が売れなくなりフリーペーパーで商売していたリクルートが隆盛を極めている。

コミックガンボはこれがやりたかったんだろうなぁ、と。


いのちの食べかた、ファスト・フード・ネイション
町山さん紹介の映画「いのちの食べかた」は深いよねぇ。
台詞もない、淡々と映像が流れる映画なのに、良質のNHKスペシャルのように心に沸き立つモノがある。
レンタルでもいいから、全編通して見たいワァ。
あとキングコーンの話で、キャトルミューティレーションは自分の胃液で自分が融けてるのかも、って思った。

関連記事
今日気づいた事。これぞアメリカ版「Shall we ダンス?」だ
今気付いた事。トマトラーメンうめー!
一昨日思ったこと。命の危機無く暮らせるのはなんて贅沢なんだろう