(水) 17:15 図書館列車書庫
Σもうオリンピックが始まってる
エクストリーム・聖火リレー
これはセンスとセンスの勝負……! けが人出したらダメってのが分かってるよねw
「町山さんのパイ投げ」のように、チベットのように、非暴力でな!


電子立国日本の自叙伝<NHKアーカイブス>【図書館列車書庫入り!】

こちらはハード編。
ベル研の「針と針を近づけたら、なんか変な電気特性ある!」って魔法みたいな与太話みたいな新技術に興味を持ち、戦後でなんっっっにもない所から研究を始めた名も無き研究者達にスポットを当てる。
トランジスタが発明されてから今年で丁度六十年。たったそれだけで、人類は宇宙へ月へ行き、自分の机に座りながら「エクストリーム・聖火リレー」の状況を知ることが出来るようになった。
電卓戦争で本当に死者が出てたり(殺人ではなく心労や過労)、抵抗とかトランジスタとか分からなくても全編見応えある。
「トランジスタをちょっと繋ぎ方変えたら、太陽電池になる!」とか、発見に次ぐ発見もあって面白い。もちろん、頭を掻きむしりながら実験し計算した結果、ようやく分かったわけだ。

日本人の果たした役割がとんでもなく大きくて、正直誇らしくて、嬉しい。
じいちゃん達すげえ!

新・電子立国<NHKアーカイブス>【図書館列車書庫入り!】

こちらはソフト編。ビジネスのビルゲイツやスティーブジョブスだけじゃなく、山内組長やレジェンド宮本、スペースインベーダー開発者などゲームもきっちり押さえてます。
microsoft、apple、justsystemなどなど、著名な企業の起業から当時までの様子が描かれていて大変面白い。


そろそろ「電子立国 ネット編」をやるべきだと思うんだ。
もちろん、「調べてきた」相田洋ディレクターと「視聴者視点で話を聞く」三宅民夫アナウンサーによるあの漫才形式で!
インターネット版「ワトソン君、ちょっと来てくれたまえ」な「?」「!」のエピソード、Mosaic、TCP/IP、googleまで。googleだけ、ってのはやってたけどね。
もちろんネットゲーム、iモードを初めとした携帯電話、携帯ゲーム機と無線ネットもね。
馬リレー時代に発明された電話からはじめて、通信の歴史もいいなぁ!


……実は一度、この紹介記事消えちゃってねー……orz
もっとみっちり書いてたんだけど。是非本編を見て!

関連記事
【図書館列車書庫】
最近気づいたこと。パプリカすげぇ
最近思い出した事。仕事する男がかっこいいと思ったきっかけ