(土) 22:56 同人
数時間後には出発。

着替えなど荷造りし一段落。
風呂に入ってから仮眠としよう。
久々に聞くネットのアニスパから絶え間なく笑い声が洩れている。

今回はいたずらに名刺でも刷ってみるかなと思い立ち、プリンターを動かしてみる。
デザインは煩雑にせず、シンプル目で宜しかろう。
ご挨拶したい小説サークルさんに押しつける算段である。

表通りを火の用心が通り 拍子木と声が右から左へと通り過ぎる。
一階では親戚の子らが泊まり
夜は早く寝る田舎の人たちなので、今頃は川の字だろう。

コミケから帰ったら正月らしく
親戚らと賑やかに(文字通り)重箱の隅でもつつくのだろう。
のし袋はもう用意してある。


年始の目標どおり、
好きなことを好きなだけ出来ている。
平和で、なにより 無事 だ。

いつまでも続けばいいと思う。
けど、そうもいかないのだろう。


来年は挑戦の年にするかな。