(月) 00:00 日記
珍しいキノコ舞踏団をテレビで見た。
六人ぐらいで同時にバラバラに踊るので、全体と個々を同時に何となく見るようにするとすごく楽しいよ。ま、自由に見ればそれでいいんだけどね。
見てると若いおねーちゃんが踊ってるから見るんだよなぁと身も蓋もないことを考える。
ただ、それに付け加えて「女であること、女である以上こうしなさいという束縛」からすごく自由でのびのびしている。それでいて「自由にならなきゃ」って気負いもない。
その辺が本質なのかな。おねーちゃんが踊ってるってのはつかみに過ぎなくて。
……いちおうダンスの感想なんですが。あと娯楽について考えたり。
TrackBackURL
→http://ugainovel.blog112.fc2.com/tb.php/54-d3549067