(金) 00:04 感想
そうさく畑63が意外に楽しかった。
初めて乗った阪神なんば線にウキウキしつつ、迷わず会場に到着。
じっくり全てのサークルを見て回った。

戦利品はまだ半分しか読んでないけど、
関西コミティアなみに個性的で充実した面白い本ばかりだった。
一介の創作者として、なんか元気をもらえた。

買った本をいつも積んでしまう人は、一般向け同人誌を買えばいいと思う。
程良く薄くて、ひとくちサイズの楽しみ。
大抵の小説も小冊子で、ライトノベルより短くてすぐ読める。
自分もいっぱい積んでるけど、同人誌一冊なら気まぐれに手に取れる。

即売会なら立ち読みで中身をチェック(迷惑にならない程度に!)できるし、
制作した本人から直接買うってのは、なんか、いい。
どんな人が書いているのか「顔が見える相手とのふれあい」というか。


progressive37.jpg
戦う女性 Progressive37<ジャンク・ヤード
オリジナル短編小説アンソロジー第21弾
どの作品も異様にレベルが高い。

『大怪獣 高橋ひより、××市にあらわる!』<真冬真>
気楽に読めるライトな小説。
導入として、このぐらいさらっと読めるのがいいよね。

『甘露』<まるやま なおゆき>
幻想怪奇文学。精神的な極限状態に置かれた人の「こころ」を描く。
とにかく食い物の描写がたまらーん!! 夜中に読んだら腹減る!!
最初に出てきた老婆は「あの人の今の姿」なんだろうか、とか思いを馳せた。

『華と氷、舞い散る如く』<広沢りょうた>
正統派な歴史伝奇。読んでてとてもワクワクした。
特に史実をうまく話に織り込んでいるのが知的であり、無邪気に楽しめる。
リアル戦うヒロインの甲斐姫、石田三成の「アノ」失敗は故意だとしたら……?

『還らずの王』<早坂千尋>
ハードSFというかスチームパンクというか。
そういう物の雰囲気を楽しめる。
こういう戦争物って「仕事と個人」が根底に流れるテーマなのかも知れない。




20070901181053.jpg
もしも30人の元木あゆみ<町内ヨオコ>(注:携帯サイト)
学生さんなのかな。
高校生ぐらいの女の子の、陰鬱さと自分の中の他人に対する客観視。
彼女の中には、多重人格ではなく「酢こんぶ大好き 元木あゆみ」や
「天然 あゆみ」「ぶりっ子 元木あゆみ」など29人の彼女自身が居る。

「わたしがこのように 何かを決める時は
 いつも29人の 元木あゆみたちの意見なのだ」


感性全開漫画だけど、ユーモア感覚でついついサービスしちゃうお茶目さん。
なので楽しく読めるんだけど──
──それは冷ややかな自嘲から来る笑いなのだろうか。
締めもさらりと。他の作品も読みたい。

ところでサークル名「お前の母ちゃんドライアイ」に……吹いた。


manaba2.jpg
りの・みやーの柳田ポン
ギャグテイストなんだけどラブコメな感じ。
程良くヌルい漫画なんだけど、読み終わる頃には
ヒロイン「りの」と「みやーの」君が何だか好きになっています。

おためしまんがとして過去の頒布物が立ち読みできますよー。


太陽特使ガガ<佐藤直大・エレキ天国
絵は一見下手だけど味があってキュート。
7ページ目のヒロインの立ち姿がいいなぁと。


weeklynas2.gif
少女と巨人<天野のんき>
無垢な少女も可愛いんだけど、ぬぼーっとした大男も萌える。
「二十面相の娘」を読んでいる時のような、自分の中の乙女回路が発動するお話。
関西コミティア以来、好きでチェックしてる漫画作家さんです。

持ち込みされておられるようだけど、絵柄で弾かれちゃうんだろうなぁ……。
商業ってより多くの人に「ウケやすそうな」物しか、流通に乗せないからねぇ。
即売会だからこそ「平凡さ」という物差しで切り捨てられることなく、
こういう作家さんにも出会えるのだと思う。

無料配布のコピー本、仲良し男の子たちの漫画がめんこいワァ~。


着物生活 其の三(着物春夏生活+季節行事夏編)<三浦一馬
本が正方形! 可愛いイラスト図解と和装のコラムで、読んでいて楽しい。
主に女性向け着物ライフな本なんだけど、雨の日の歩き方とか参考になる!
和傘は雨が止んだ時の持ち歩きに苦労するとか、実際の経験に基づく声が聞けて嬉しい。
傘は折りたたみか、持ち歩きが楽そうな傘にしようっと。


chiaro-hp.gif
ふしぎな桃の実<観月ちあろ>
可愛くて、取っつきやすい絵柄で中国昔話風な創作をされています。
中国の昔話の漫画化かな? と思ったら「オリジナル古代中国まんが」だそうで。
このまま児童文学とか絵本を描いて、書店の棚に並んでいても違和感がないぐらい
『完成度の高い「こぢんまり」』だと思う。完全に褒め言葉で。

本が和綴じで、紙を紐だけでまとめる綴じ方。
いっぺんやってみたいんだよなぁ、これ。

「福岡はオリジナルオンリーの灯火が消えて久しい」らしく、
神戸まで遠路はるばるいらしたようで。……とはいえ、
中国好きらしく異人館や中華街に食い付いてて(笑)
楽しんでるので良し! ですなぁ。


みなさんそれぞれ、自分の好きな物を存分に書いていて素敵だ!!