(金) 22:39 同人
COMITIA88にかこつけて、色々楽しんでしまおうというコンセプトの旅でした。
全てがそれぞれ有機的に関係を持ち、ほんとツアーみたいでした。
……ので、話が切れねぇ切れねぇ。
内容が濃すぎて二十六画面分の記事になりました。写真も多いし。

~ 2009/05/04 一日目 ~
6:09:49 - 出発~
一時間早いけどねー
大阪60%だけど雨はまだ降ってない。曇天止まり。
7:30:24 - 新幹線着席
西の魔女が死んだ
とか読んだり。
8:37:38 - 眠くて寝てた
弁当食うナリよ
9:01:25 - こんにゃくうめぇ
何だろ味付け、木の芽かなぁ?
9:07:08 - 道路が濡れてる
恵みの雨ですな。
大阪の植木に水を遣ってくれてるかしらん。
9:24:47 - 茶畑が多い
CA390003.jpg
細長い緑色の蒲鉾が並んで縞模様になっている。

ペットボトルの静岡茶を飲みながら眺める不思議感覚。

目と舌で味わう新緑。
あっ、うっかり上手い事言っちゃった。
10:27:52 - 東京着

今更ながら富士の写真を撮っていたのであっぷ。 CA390005_20090508094259.jpg
街中にぬっと現われる感じが怪獣っぽい。 CA390007_20090508094310.jpg
広々とした中に横たわる山々と富士。いいなぁ。


そしてJR京浜東北線(普通)[大宮行]へ
10:46:17 - 神田のホームで
久々に会うばあちゃんに孫がドーンと体当たりしてた。
西の魔女読んでるとこにタイムリーだ。
11:22:07 - 特急りょうもう
どうしても、もうりょう、と読んでしまう妖怪馬鹿ぶり。
ホームの端に特急専用の改札があって、そこを潜り抜けたら専用のホームが。
秘密のホームという感じでなんだかドキドキするワァ。 CA390008_20090508094506.jpg
11:31:38 - 特急なので指定席
座れてウヒ
CA390009_20090508095221.jpg
11:56:29 - 西の魔女が死んだ
ちいさくて
かわいい
なもしらぬ花のような
おはなしでした
12:27:43 - 茂林寺前
着いたぁ~♪
CA390011_20090508095348.jpg
CA390014.jpg
狸が住んでそう
12:33:02 - めっさ鳥鳴いてる
空気もィィ

CA390016_200905041224.jpg
あ、お出迎えおおきに
ぶんぷく茶釜のお話を順番に見ると、道順案内になっているという工夫が。
CA390017.jpg
近代的な駅なんだけど、なんかかわいい。
CA390020.jpg
妖怪ポスト?
CA390021.jpg
ぽんチャリって語感がいいなあ。
CA390023.jpg
あ、うちは人魂プロパンですから

12:46:22 - 藤の花のいい匂いがする

普通の民家が「どうぞ中へ入ってご覧下さい」と植木や庭を公開してた。
めっさカラフルで華やかなお庭でしたよ。
CA390030_20090508100149.jpg
あえてシンプルな美しさを求めた写真を掲載。
CA390031_20090508100150.jpg
見えてきた!
CA390034.jpg
なんでもない駐車場にも見所が。

12:56:38 - ソウドウ宗なので
南無しゃかむにぶつ なのよぅん

違った、「そうとうしゅう」だ。濁らない。
CA390036.jpg
爺ちゃんはラムネ飲んでるだけで絵になるねぇ
CA390037.jpg
大混雑って程じゃないけど閑散としていない、いい塩梅の人手でした。
CA390038.jpg
バリアフリーもばっちり
CA390040.jpg
こぢんまり
CA390041_20090508103748.jpg
CA390042.jpg
CA390043_20090508103748.jpg
CA390044.jpg
CA390045.jpg
CA390046.jpg
CA390047_20090508103808.jpg
CA390048_20090508103808.jpg
お守りなどを売っている小さな庵。和装の女性二人で切り盛りしておりました。
CA390049_20090508103809.jpg
スタッフは横から入るようです。ちょこんと置かれた履き物がいいね。
CA390050_20090508105054.jpg
CA390051_20090508105055.jpg
CA390052.jpg
狸は、守霍という坊さんに化けてたわけです。 雨除けビニールの中にも無数の狸民芸品。寄進されたもの?

13:21:59 - 宝物拝観
写真は自粛。
後で詳細を!

CA390053.jpg
CA390054.jpg
CA390055_20090508105056.jpg
写真やメールで記録が取れなかったのでうろ覚え御免。

森重久彌が喜劇人だった頃の映画「喜劇 駅前茶釜」の撮影風景や当時の記事などがスクラップされてた。
「版淳」とある、版淳三郎のサインの絵馬? とかも。

やっぱ歴史あるお寺は雰囲気あるねー。
徳川家光や水戸家からの書状が展示されてた。さらっとこういうのがある凄み。
雪の茂林寺や桜の茂林寺など、また来たいなと思わせる風景写真がニクい。
今回は春~初夏に行ったわけだけど、おそらく春夏秋冬どの時期に行ってもそれぞれの良さがありそう。

それでいて狸の民芸品が陳列されているコーナーもあって、堅苦しくないのがいいね。
ぶんぷく茶釜の実物(狸が化けてたのでは!?)も見れた。けっこうでかい。

実は密かにお庭も良かった。写真撮りたかったけど、やっぱ実際に行って眺めて欲しいね。

13:24:51 - そして一服
気軽に入れます。
オススメ!

CA390056_20090508105112.jpg
なんの話かと言うと、宝物拝観からそのままお茶が喫せる部屋に行けるんです。
(ここも写真は撮ってません)
お茶の作法とか知らなくても飲めるとこでした。いっぷく500円。
CA390057.jpg
CA390058_20090508105917.jpg
CA390059_20090508105918.jpg
畳に正座でもよし、椅子に座るも良し、縁側に腰掛けるも良し。
自分は気楽に座敷の椅子に腰掛け、ぼんやり庭を眺めることに。
CA390060_20090508105918.jpg
CA390061.jpg
庭には木々の緑と石の鼠色、目が覚めるような朱傘の赤。
落雁を一つつまみ、泡立ててまろやかになったお茶を頂く。
縁側に出なくても部屋を吹き抜ける風が心地よかった。
CA390062_20090508105918.jpg

13:43:20 - ついお土産買いすぎた…
差し入れのお菓子とかあるし…
いや酒やお銚子は自分用だけど…
CA390063.jpg
CA390064.jpg
CA390065.jpg
14:01:54 - カラスもツバメも
猫や犬ぐらいの当たり前さで、烏が目の高さの庭の策にとまってたり、燕が軒下に巣を作ってる。
動物heavenかここは。
14:08:40 - 上野へ
行っちゃうわよぅ~
CA390066.jpg
CA390067.jpg

「じょうもう」ってこれか!

広辞苑によると、「りょうもう」は両毛らしいです。

りょう‐もう【両毛】
上毛野(かみつけの)・下毛野(しもつけの)2国の併称。後の上野(こうずけ)と下野(しもつけ)。
広辞苑 第六版 (C)2008 株式会社岩波書店



CA390069.jpg
CA390070_20090508110528.jpg
14:58:01 - 乗り換え~
久喜から東武伊勢崎線(急行)で[中央林間行]、北千住で乗り換えだガマ。
16:17:16 - 略して上野っ
上野鈴本演芸場そばの浸け麺屋で夕食~
CA390071.jpg
16:32:04 - 万歳は
昭和のいるこいる師匠!

CA390072.jpg
昼の部も聴きたかったなぁ……。
子猫師匠とかいるし! CA390073.jpg

16:49:42 - さすが前から四列目は近い
五時開演なのでもうちょっと。
詳しい感想はまた後日~。

CA390074.jpg
というわけで感想。
非常に濃密な時間でした。

紙切り──林家 正楽
想像以上に「おっ」と思わされた。
さすがに幼稚園や保育園児のお遊戯とは違うね。
原理がパラパラ漫画のアニメに燃えたり萌えたり感動できるように、紙の形に季節感や人物描写を感じ取れるのも道理。
落語──橘家 文左衛門
落語──柳家 我太楼
落語──古今亭 菊之丞
菊之丞さんは個性あるねぇ。本人はなよっとした人で、不倫してるお上さんの婀娜<あだ>っぽさが絶品だ。
かといって寝取られた旦那、夜這いする若者もきっちり演じ分けられていて素晴らしい。
漫才──昭和 のいるこいる
若手みたいに叫んでラッシュを掛けるわけじゃなく、つぶやいたりぽそっと言ったりするだけなのに、会場中が爆笑の渦に巻き込まれていった。
くすくす、わはは、という落語の中に笑いの大爆発。
殺す気か!w
のいるこいる師匠に殺されるかと思った。笑い死にで。
落語──三遊亭 歌武蔵
落語──柳家 市馬

19:11:03 - 中入り
トイレ行列がー。
小で良かった
CA390076.jpg
太神楽曲芸──鏡味 仙三郎社中
正月のテレビでよく見た海老一 染之助染太郎な太神楽<だいかぐら>曲芸。
画面越しだと今時、CGでもなんでもできちゃうけど、目の前でやられるとハラハラドキドキする。
若手の男女二人と師匠っぽいお爺さんの社中で、ちゃんと跡継ぎが居るのだなぁと。
落語──春風亭 正朝
粋曲──柳家 小菊
小菊姐さん、とお呼びしたい。
露出や過激なファッションで押しつけるようなセクシーを売り物にする、安い女とはわけが違う。
言葉や物腰に品があって、艶やかな美しさ。
いい女ってのはこういう人を言うんだなぁ……。
「こんな年増と寝てみたい」ってやつか。
んでもオイラみたいな餓鬼では鼻であしらわれちゃいそうだ……。
年増、というのは本来二十歳前後であって、中年を指す言葉ではないのであしからず。
落語──柳家 権太楼
爆笑十夜と称して毎日違う話を高座に掛ける企画。
本日の演目は「青葉」。
いやぁ、面白い。
粗筋だけ言ってしまえば二三行で終わる話なのに、登場人物がいちいち個性的で、一癖も二癖もある彼らに血が通っていた。
今回師匠が演ったのは「青葉の件、と呼ばれるエピソード」を切り取った話に過ぎず、彼らの日常は過去へも未来へもずっと続いていて、そこを見てもきっと面白いのだろうなあ……と感じた。聴いてみたいなぁ……。

22:23:28 - けっこう迷ったけど
ホテル着いてシャワ~。
あと風呂!
CA390078.jpg
22:29:11 - 若田さんが
宇宙船から宇宙生中継してる!!
ちょうどアメリカ上空あたり。地球の明るい面を写してるから向こうは朝ってわけね。
普通のノートパソコンもある! 宇宙ノートパソコンか!
~ 2009/05/05 二日目 ~
10:23:47 - 今日はいきなり会場から
熟睡してたぁ~。
ので準備完了から。
CA390079_20090508112852.jpg
10:59:09 - 天野のんき さんにご挨拶
トップ絵から女性だと思われちゃってたw
すんません野郎でした…w
CA390080_20090508112852.jpg
11:08:19 - 冒険野郎トムいらしてないなぁ…
でも忙しいのはいいことだ!
CA390081.jpg
11:47:25 - 小説がちらほらと
売れたり売れなかったり。
体に疲れが残っててもう眠い…。
12:18:55 - もう昼か~
図書館列車と人形城目当てのメガネさんがいらした。
マスコットキャラクターのたぬきのお腹を押す権利をやろう!!
CA390083_20090508112853.jpg

ちゃんと茂林寺山門横のお土産屋からお迎えした子ですヨ

13:23:52 - 380さん…
でしたっけ(汗)
なんか同人ゲームオブザイヤーに何かあったらしい!?

650さんでした(汗)失礼!

2008 局地的同人ゲーム・オブ・ザ・イヤー ノミネート
(寸評有り)
149a2c58.gif

作品・作曲・美術・理 部門でのノミネートでしたが……。

→つづき

13:43:20 - 旧作もちらほら
売れてて有り難い事です…
13:54:46 - さっき書かなかったけど
新刊があって東京参加時には必ず顔を出して下さる男性が二人ほどいらっしゃいます。
小説でも購入される。
馴染みの客と言うのかしら。…うれちい
13:55:37 - これも書いてなかった
はっくさん来店!
電車一本遅れたらしい…

新刊コピー本【ピクルスパピルス】げっつ!!
pipa09.png

コピー本とはいえ、決して手が抜かれていません。
お互いがお互いのパロディをするという趣向が面白いw

13:57:45 - あ、さっきの女性
犬神倒した時に私の手が当たって爪とか割れてない? すみません…
14:20:28 - 木造迷宮の
アサミ・マートさんにご挨拶! 自画像そっくし!

コミケは苦手なので参加されないそうで。
過去作や新刊はコミティアで!

14:44:48 - はっくさんと天野のんきさん
楽しくトークさせて頂いたり。
何故か話題がジョジョばかりにw
15:18:30 - 両隣さんが引き上げて
行かれました。
うちももうちょっとしたら片付け~
15:33:48 - EeePCのバッテリーが27%も残ってる
冒険野郎のトムソーヤの皆さんと打ち上げに!!

メンバーは葉来緑(ハック)さん、トムさん、ジョーさん、あちき。(後に一名参戦)

葉来緑さんとは同世代で、妖怪そっちのけで色んなネタで盛り上がりました(笑)ザ・ムーンとかw
シャイで控えめだけど素敵な男<ひと>でした。いや、ちょっと会っただけで全て人柄が分かったような事を言うわけじゃないけど。

しまった、来年の水木しげるの妻のNHK朝ドラについて話すの忘れてた!
仕事で死にそうな水木サンに
「人生は死ぬまで戦いですヨ」(by鬼太郎夜話~アホな男より、うろおぼえで)
とか言って酷使するのかなぁ、朝っぱらから出勤前の視聴者に向けて、とかw


トムさんは黙っていると男前なのに、いじられキャラw
イメージはスマートな野々村真か、ますだおかだのおかだのほう?
今回の作品は大人のしんみりした話なのに、なんで本人はこんなにチャランポランなんだ!(笑)
まぁ、前作まではギャグ全開だけどねっ。


ジョーこと石川さんは出来る男、頼れる委員長な感じ。
新刊ピクルスパピルスの四コマ漫画も、ノリが良くていい感じ!
この人が居るから、トムさんや葉来緑さんみたいなチャランポランな人たちでも本が出せるのかも……w


間を置いてプロ漫画家・矢上裕先生が登場!!
忙しいお仕事の最中、駆けつけていただき恐悦至極!
とても気さくに話しかけて頂きました。
矢上先生の作品で最も最近に読んだのは「打撃女医サオリ」。
打撃女医サオリ<矢上裕>
打撃女医サオリ (1) (角川コミックス・エース 219-1)

ちょこちょこ質問させていただいたり。
saori2.jpg
結構生真面目っぽいので、多分二人っきりになったら話し込みそう。
今回は軽めでとめとくべきかと思い、ポイントを押さえた要点だけお話を。
ことりさん、チェックされてましたよ!!

さてここで腐女子向け情報~。
自分の見立てたスタッフ内人物関係(腐Ver)発表っ。
まず某ハックさんと某トムさんがほったらかしててもじゃれ合ってて、間に入れない感じ。
某ハックx某トム確定。「~受け」などの詳細はご自分の目で見立てて!

そして某ドビンズを尊敬以上の目で見つめる某ジョー。
「ほんともう、僕が居ないと駄目なんだから……」と甲斐甲斐しく世話を焼く某ジョー。
そして後ろから黙って抱きつく某ドビンズ。
「ひゃ!? せん……せ……」
「脱げよ」
(登場人物は実際の人物とは関係在りません)


呑みながら次の企画は何しようとか、ノリこそ唐沢なをき・まんが極道「駄目サークル」と同じぐらい気安いのに、ちゃんと行動に移す人々。そこが凄い。
私はこの完成された関係性に首を突っ込む事はできないし、壊したくないと思う。
一抹の寂しさを感じつつ、奇跡のバランスを目の当たりにしているという、肌が粟立つような感情に包まれていました。

22:20:43 - 春雨じゃ
濡れて参ろう

打ち上げも終わり、解散になった後。
ふらふらと千鳥足で急に取ったホテルへの道すがら打ったメール。
その時の自分には咀嚼しきれないほどの異文化に触れられた幸福感に包まれて。

22:21:44 - 飲み解散~
無駄話が愉しすぎます…。
今まで人付き合いって、要点を押さえて必要最小限の言葉しか使わないのが正しいのだと思ってました…。

念のため言っときますが、完全に褒め言葉です。
妖怪謝肉祭の次回の情報は未確認で、前回もたまたま知ったぐらいだと言う話や、実はポイントを押さえた話は「いつのまにか」「何の気なしに」「してた」りする。
ギャルゲーが分からない私には、魔法のようなコミュニケーションだ。
高校か中学時代に「無駄話を避ける」という選択肢を選んだ私だけれど、その選択を後悔はしてないにせよ、「こっち」もいいもんだなと思えた。

~ 2009/05/06 三日目 ~
08:30:40 - おはやう三日間
に突入。
気絶するように寝た…。
NHKヒストリアで忍者やってる。面白い!
伊賀や甲賀って盆地内でのゲリラ戦や小競り合いから発達したとか。

昼は新宿末広亭に!
11:03:56 - ウヒ~着いた
新宿末広亭に。
一時間前でも割と。
雨降らなくて良かった。
CA390084_20090508125222.jpg
CA390088.jpg
11:37:26 - 呼び込みの太鼓が
鳴ってきました
CA390089.jpg
CA390090_20090508125223.jpg
11:42:39 - 新宿っていつもビル工事の
鉄パイプのぶつかる音がするけど、そこにのどかな太鼓の音が混じり合って妙な風情がある。
CA390091_20090508125223.jpg
CA390092_20090508125223.jpg
16:45:51 - 歌さん聴いちゃった
サァ帰ろう

中は撮影禁止なので感想で。
真打ち昇進祝いの花輪が面白かった。
滝川鯉太さんへの花輪が並んでて、「南原清隆」「小沢一郎」なんて面々から。
nan.jpg ozawa.jpg
ナンチャンって落研出身らしいすね。鶴瓶師匠と「日本のよふけ」やってたなぁ。今は落語や狂言など、舞台中心の活動らしく。
小沢一郎はまぁ売名だろうけど。

んで、舞台と反対の壁、入り口とは逆の右の方にあった花輪にビックリした。
「鳥居みゆき」
torii.jpg
ちょw
お嬢さま育ちだから、こういう礼節はちゃんとしているのだねぇ~。

歌丸師匠のお弟子さん、桂歌助さんが「青葉」をやっていた。
どうしても一昨日の柳家 権太楼師匠と比べてしまう。
江戸の小物や風俗の描写が細かい。面白いしそつなくこなしている。
んだけど、やっぱ権太楼師匠の登場人物の魅力にやられちゃったあちきなので、どうしても食い足りなくなる。

ひどい客がいた。
最前列、落語家の真ん前で携帯をいじる奴ってなんなの……。
GWだからだろうなぁ。客足が多いとこういう客も混じる。痛し痒しだ。

笑福亭鶴光<つるこ>、やっぱおもしれぇわ。
2004年10月31日「伊集院光 日曜日の秘密基地」のVIPで登場した時も硬軟取り混ぜて素晴らしいトークを繰り広げていたけど、ガチもすげえわ、この人。
落語ではエッチな噺を「バレ話」というけど、鶴光師匠の「グロにならずエロでいられる」その話芸は、「バレ話の名人」かもしれない。

上方で桂文福師匠の噺を聴いてから気付いたんだけど、
「テレビに出ているから知名度がある」のではなく、
「テレビに出られるほどの人気と実力」というものがあるだけなのだと。
知名度なら確かにテレビに出れば得られるけど、華と腕──人気と実力だけは本人次第なのだ。


桂歌丸。
フルコースの最後の料理はメインディッシュではない。
全体を締めくくる、後味の良い上品な、そして後を引くデザートだ。

テレビの知名度、落語芸術協会、落語協会との調整、桂歌丸一門。
色んな物を背負ってらっしゃるけど、そういうのはちょっと脇に置いといて。
ご本人はただひたすら、一落語ファンなのかも知れない。
芸に真摯に向かう姿勢。聴いて下さるお客様への感謝も忘れない。

utamaru.jpg

平日の、なんでもない日にぶらっと訪れて、歌丸師匠の噺をもう一度聴きたい。
老いてなお矍鑠<かくしゃく>たる落語家の噺を。
落語好きの爺が、「ちょいと面白い話があるんですよ」って聴かせる噺を。

17:04:57 - 昼席終わったら雨
割とドジャーと景気よく。
17:38:59 - 締めにあったかい狸蕎麦で
キツネも入ってるけどね
CA390093_20090508125231.jpg
18:01:41 - 700系って
中 未来っぽいね!
雨降ってるから水中の深海高速パイプか、水蒸気推進の動力っぽい!!
20:10:15 - うひーやっと新大阪
雨降ってないね。
通り過ぎたのかしらん。
20:13:33 - エスカレーターが右
大阪モードだ
23:26:49 - 無事帰り着きました
寝床でメールを打ってます。現代っ子ぽい。
旅のまとめはまた後日。大変充実した三日間でした…。
今は降り続く雨音と好きな曲を聴きながら脱力。
雨の匂いまで懐かしい。