上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(木) 00:00 日記
相方DJ C-TYPEも参加するクラブイベントX-TREME HARD(渋谷5/16 →詳細)のコンピレーションアルバムが試聴できますよん。




HUGO HALL's site。その名も「GOTO HUGO」!

昼に見た「@nifty:デイリーポータルZ:滋賀で紅茶を摘んで飲んだ」で詩的魔神マグカップ
こんなのでした。(頒布は終了)
が登場しててニヤリ。

 HUGO HALLのサイトGOTO HUGOが仮オープンいたしました。
毎月14日目安にギャラリーを入れ替えたり、
コンテンツをもりもり充実させていく予定、つもり、希望でして、
お代はタダときたもんだ、ちくしょうめ。


GOTOHUGO.gif

魔界の地下迷宮ゴメン&アゲインTシャツのご紹介


 大変なお詫びをいたさなければなりません。
 魔界の地下迷宮が出版されて20年ちょっと。昨年末、復刻もなされました。ご存じとは思いますが、アレは、閉め忘れた魔界の門をPIPが閉めに行くという、すっとこどっこいのアドベンチャーです。そして閉めるためには、とある某所で、魔界の門のカギを手に入れなければなりません。そのカギはセクション136のコレ(図1)なのですけれど、文章には「大きな真鍮の環に通してあって、大きな真鍮の札が付属している」と記されています。でもこのカギ、大きな真鍮の環になんか通っていません。

 カギ、違うじゃんか。
 そうなのです。コレは、魔界の門のカギではなかったのです。
 つまり「魔界の地下迷宮」を冒険済みで、門を閉めたつもりでも、肝心のカギが別モノとあっては、門はいまだ開きっぱなしのまんまなのであります。
 約四半世紀、「魔界の地下迷宮」の関係者は一人として気付かず、賢明なPIPの皆さまからも詩的、いや指摘がなかったというのも、グレイルクエストらしい話ではあります。しかし、気付いてしまった以上、この問題をやっつけでもやっつけてしまわねばなりますまい。そこでこのたび、正しいカギをこっそり用意させて頂いた次第であります。

 途中で落としたり、邪魔にならぬよう、Tシャツの背後にしっかりと固定。「魔界の地下迷宮」に再度潜り込み、このカギでもって、門を閉めに出かけて頂きたい次第であります。
 また、Tシャツの表には、地下迷宮の住民に加えて、原題タイトルThe Gateway Of Doom(TGOD)を配し、アソコで遭遇するであろうモノどもへ、心の準備ができるように考慮されています。
 今回も30枚以上の予約が集まれば、製作可能となります。締め切りは6/14。集まらぬ場合は、魔界の扉は開けっぱなしとなります。ま、それもいいか。


地下迷宮のゆかいな仲間がお出迎え。
Highslide JS
 表側には、妖気漂うグレーの上に、魔界の地下迷宮(創土社版)の表紙原画をまるごと配置。ボタボタ、パンくずを食べる金貨、ちっちゃい老婆怪物等々、一部のポッポなPIPに人気の地下迷宮の住民ともども、周囲に原題タイトルThe Gateway Of Doom(TGOD)を配置。アソコで遭遇するであろうモノどもへ、いつでも立ち向かえるよう心の準備ができる仕様です。
Highslide JS
 TGODの文字部と、中央の黒騎士の目は型ヌキになっていて、Tシャツの色がそのままむき出しになります。Tシャツの色が白なら白、赤なら赤、黒なら真っ黒という具合です。どんな色を選ぶかで印象がダダダダーンと変わるので、楽しく悩めますね。
 Tシャツの選べる色は、白・グレー・赤・紺などの基本色のほかさまざま。
 お勧めのサンプル色を用意したので、なんだったら見てください。
Highslide JS
裏側には魔界の門の「正しい」カギ。


 今回も、おなじみ東京吉祥寺のセレクト・ショップLIGHT BULBの協力で、
図柄のプリントとTシャツはプロ仕様。TシャツのサイズはS,M,L,XL。プリントの色は変えられませぬが、Tシャツは白とサンプルの色、その他の色だってそれなりに対応できます。また、XLより大きいサイズや、レディースサイズ、ジュニアサイズ諸々も可です。しかし、こんなもの子供に着せることはおやめなさい。(XL以上のサイズは、対応できない色もあります。また、シャツ代が少し割り増しになります)。いずれにせよ、問い合わせてHUGOにあれこれ言ってみるがいい。

業者の都合で合計30枚以上の注文が集まれば製作できます。
値段は1枚税込み¥3990
相変わらず製作に無駄に手間暇コストがかかってこうなっております。おまけにシャツそのものが値上がりしてしまい、その分アップさせたいところなんですが、「こんな時代だし、お祭りっすから」というLIGHT BULBの店長さんの決断で据え置きであります。100枚越えるならば、少し余裕ができるので値引きもする所存ですが、期待のしすぎは、とらぬ狸の肌触りであります。

ブツは、代金引き替えの宅急便か、吉祥寺の店に直接取りにくる(その場合はもちろん送料タダ)か、どちらか選べます。
ご希望の方はHUGO HALL→okutani@i-ml.comまで、名前/枚数/サイズ/色/宅急便か・店に取りに行くか/住所/電話番号に、物足りないなら天気、銀行口座と暗証番号、小言でも添えてお送りください。2日以内に返事を返します。返事が返ってこない時は、届かなかった証なので、もう一度送ってみてください。

締め切りは09年6月14日。


Highslide JS
「魔城の迷宮」目神のTシャツ

目神Tシャツというのも在るようです。詳細はGOTO HUGOにて。

HUGOの脳内同居人が以前こさえましたトンデモ立体迷宮ゲームブック「魔城の迷宮」に登場する、目神のTシャツもついでに用意してみました。枯れ木も山の賑わいです、わっしょい。
 表に指紋風の地に目神、バックにルドス語で「ワタシハ マヨウタメニ ウマレタ」の文字(迷路職人による実筆)。Tシャツのボディーは今回に限りブラックなどもいい感じに仕上がるように色味を工夫してみました(おすすめの見本画像参照)。

締め切りはこちらも09年6月14日。ですが、こちらは場合によったら延びるかもでございます。


魔界の地下迷宮の思い出と言えば、「這う」という漢字を覚えたのはこの本でした。
「這うゼリー」というモンスターが出てきたので。
でも好きな怪物は野菜怪物と、名前忘れたけどヤギの脚の代わりにベロがいっぱい付いてる悪魔ブエルみたいな奴。(以下は悪魔ブエル)
Buer.gif
冒険野郎のトムソーヤの皆さんも、ゲームブックやテーブルトークをやった経験があるそうです。ほんと行動力が凄いわ……。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。