上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(火) 21:10 同人
体を壊しました(ヽ'ω`)
ブレイクした、って言うとかっこいい。ある意味大ブレイク。
夏コミ迄には回復するとは思うのですが……。
皆様、体調管理はくれぐれも軽視せず。


PIPな皆様

目神Tシャツをお持ちの方へ

洗濯で乾燥機にかけますと、
目の部分の特殊印刷の表面が溶け出して、毛羽立ちが潰れ、
毛がぬけたようになってしまう可能性があるようです。
自前の目神Tシャツで、実証してしまいましたしくしく。

念のため、ご注意ください。


HUGO HALL


とのこと。
魔界の地下迷宮Tシャツは何度か洗濯しましたが、特に問題ないみたいです。


拍手コメントで重要なコメントを頂きましたので返信致します。

カタログチェック中に通りがかりまして、10日以上前のブログ(夕街注:恐らく今週気付いた事。同人ノベルは壊滅的 (07/20))にコメントしてしまいますが、委託店という「同人を商業として扱う」一側面での結果をもって、同人ノベルは壊滅的、というご意見には疑問を感じました。
私はイベント売りだけの作品などで面白い作品をたくさん読んできましたし、そもそもメジャーになることだけが、同人の目指すところではないと思います。多様性という意味では、委託店に流せるほどの規模ではないような中小のサークルさんの作品が、イベントごとに山ほど生まれているのではないかと
あと余談ですが、7/20というと、とらはちょうど改装中だったかもしれません。現在は旧本店の4Fが丸ごと同人ゲーフロアで、東方アレンジとかは別フロアなのでそれなりにオリジナル物も置いてあったような。


全くその通りです。異論はなく、全く同意見です。

ここですんなり同意してしまうと「あれ、じゃあ何であんな事書いたの」と思われるでしょうから、その弁明を記します。
自分の書いた日記はそう取られる恐れもあるな、と思いながらも放置してしまった以上、答える責任が発生していると思いますので。

●「一側面での結果」すなわち「同人店に並んでいる物だけで【同人ノベル全体の多様性】を語れるのか」というご指摘について。
自分としては【同人ノベル全体の多様性】を語りたいのではなく、【店頭に置かれる事で即売会以外で同人ノベルを手にとってもらえる機会、の損失】が問題だなぁ、という感想を抱いたという事なのです。

人に作品を見てもらうためには様々な方法があります。
即売会に参加して机の上に広げる、同人店店頭に並べてもらう、ネットで無料公開、ネットで情報公開して通販など。
どれも一長一短で「特性」が有り、どれかの方法が他の全てを網羅できる、という事はありません。
例えば「本当に見てもらいたいならネットで無料公開すればいいじゃん」という声を、同人活動系の掲示板で見かける事がありますが、それは「即売会で作家さんとの交流や、ディスプレイ芸を見る」楽しみを捨て、「自分の都合に合わせ、同人店というほぼ毎日開いている店舗でゆっくり作品を選べる」利便性を捨てる事に他なりません。
他の組み合わせも同じ事です。ネット無料公開にも良さがあります。

今思い付かないので言及できませんが、それ以外にも小さな喜びがたくさんある事でしょう。
こないだの関西コミティアで初めて設営を手伝ってみましたが、それも割と楽しかったですし。

そうした時、同人店という手段が多様性という面で死にかけている、壊滅的だと申し上げたわけです。
「見た事が無い作品があるかも知れない同人店」ではなく、「東方屋さん」です。

東方という作品を誹謗中傷するわけではありません。
「ほぼメジャー作品しか置かれていない状況」を憂いているのです。
それでいて同人店は趣味ではなく商売なので、そういうチョイスを全面的に批判できない面もあるのは、先刻申し上げたとおりです。


それでいて私の発言には【同人ノベル全体の多様性】についても言及する部分がちょっと入っているんですよね。ここが何とも誤解を受けても仕方がない所で。
確かに即売会に行けば、決してメジャーではないにせよ個性溢れる作品がひしめき合っています。
ですが絶対量は、傾向としてはどうでしょう? 同人店とコミケの状況は似通っていませんか?
コミックマーケット74 東方系ブロック サークル名入り配置図のページ
コミックマーケット75 東方系ブロック サークル名入り配置図のページ
コミックマーケット76 東方系ブロック サークル名入り配置図のページ
東方だけでホールを一つ以上占拠するまでになっています。


「終わりだ」ではなく「壊滅的」と表現したのは、まだきっと救いがある、という希望を滲ませたものです。
かつてこの日本という国自体も、多くの人の犠牲と献身と、明るい未来への希望と努力により、壊滅的な状況から復興したのですから。


●「メジャーになることだけが、同人の目指すところではない」について
全くその通りです。

ここで注意したいのは、「メジャーを目指すのは良くない」わけじゃないって事ですね。そういう助平心があっても一向に構わないと思います。
金が集まるところには人も集まるし、市民権を得られる側面もあります。
市民権とは例えば、らきすたの神社ですね。今は町おこしに使われるほど受け入れられているけど、初期はキモい奴が集まるみたいな扱いだったじゃないですか。
以前はオタクといえば「宅八郎」というキモいアイコンを見せ物のように笑い者にする対象だったのが、自分はオタクだと前面に押し出す美人アイドルのしょこたんのメイン属性へと変化し、漫画原作のドラマや映画も珍しくなくなりました。

ただ今ここで私の作品が爆発的に売れたとしても、私が虎革絨毯の片手ワインの黒猫撫での札を燃やす成金になるだけで、同人ノベル界に何の貢献も出来ないなと思いますね。

何を目指すかは人それぞれで正解はないので、「目指すべきもの」には言及しません。


●「多様性という意味では、委託店に流せるほどの規模ではないような中小のサークルさんの作品が、イベントごとに山ほど生まれているのではないかと」について
いやほんと、そうなんですよね……。

自分が同人作家をやり始めて最大に後悔した事が、「自分がサークル参加したら、他のサークルを廻れねぇ!!」って事です(笑)
サークル参加してると他のサークルを廻りたい欲がうずき、一般参加するとサークル参加して見に来て下さった方の対応もしたくなるという(´Д⊂w

参加はコミケとコミティアに絞り、どちらかをサークル参加したらどちらかを一般参加で廻ろうかなぁ……なんて考えつつも、どっちも作家の傾向が全然違っててそれぞれ二重に参加したいなと、結局悩みが二倍になる次第でして……。

今過去のコミケ参加日記を見直したのですが、会場最初の一時間なら他のサークルを廻れるかも……?
去年冬は新作の犬神があったので熱心に急いで来て下さった方も居たけど、この夏は新作ないし、しっかり「最初の一時間は離席します」と宣言しておけばご迷惑はかけないかもしれません。
……この調子で他のサークルみんなも離席するようになったら、結局だれも買えなくて、フルーツバスケット状態になっちゃいますけどね(笑)


●「とらはちょうど改装中だったかも」について
文中には書いておりませんでしたが、私が見たのは大阪難波店での状況です。
大阪日本橋オタロードってやつですね。
なので、ここだけ主語が食い違ってしまっていてお互い「なぁんだ」というところでしょうか。

秋葉原本店の状況は未見ですので、もし夏コミ期間中に立ち寄れたら──多分地獄ですが(汗)──覗いてみたいと思います。


いずれにせよ貴重で真面目な声をぶつけて頂けたのは本当に有り難い事です。
真剣に同人ノベル業界を見る眼差しがあるのだな、と実感できましたので。
ありがとうございました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。