(金) 19:43 日記
ま た 日 本 人 か

scn0910020958001-p1.jpg
写真:(c)MSN産経ニュース
パンダの糞でゴミ減量、田口さん“世界最高賞”

 【ワシントン=山田哲朗】ノーベル賞をもじり、ユーモアあふれる科学研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」の授賞式が1日、米マサチューセッツ州のハーバード大で開かれ、パンダの糞(ふん)に含まれる細菌で台所のゴミを90%減らせることを示した田口文章・北里大名誉教授(72)が「生物学賞」を受賞した。

 田口さんらは、消化しにくいササを主食にするパンダに目をつけ、上野動物園からパンダのフンをもらい受けて有用な菌を分離。生ゴミを分解して減量できることを実証した。田口さんは授賞式で「パンダの糞は臭くないので実験に好都合だった」と話し、会場の笑いを誘った。

 このほか、バーのけんかで使う時には空のビール瓶の方が中身が入った瓶より頑丈なことを示した研究が「平和賞」、「小さな銀行を急に巨大にし、その逆も可能なことを示した」として、金融破綻(はたん)したアイスランドの銀行経営者が「経済学賞」を受賞した。
(2009年10月2日10時47分 読売新聞)


スウェーデン風ミートボールに向かって敬礼ェーーーーィ!!(鳥肌実風に)

田口さん、スピーチで会場を笑わせるノルマもクリアしててかっこいい。
あんた輝いてるよ!!
「素早くガスマスクに変えることができるブラジャー」とか、他の人の受賞も笑える(笑)
いや、イグノーベル賞に関しては褒め言葉だけどね。

本家ノーベル賞もiPS細胞で山中伸弥教授がとるかも!? だし、
科学ニュースが見逃せない。

ノーベル賞もイグノーベル賞ももらえる国っていいよね。
やる事はやるけど、なんか余裕があって、楽しい。


2009年09月28日 ツェッペリンNTに乗ったのダ!!
zepnt1_03.jpg
 ツェッペリンNTは世界最大の飛行船。世界に3隻しかないそうだが、その1隻が日本で活躍中──広告を貼って飛んだり、調査活動に従事したり、ときには災害復興の手助けをしたりしている。

 また、案外知られていないコトなんですけど、遊覧飛行も行っている。すなわち、その気になれば誰でも乗ることができちゃう。都内あたりを飛行船からゆったりと鳥瞰して楽しんだりすることができるのだ。


後ろ姿がクジラっぽくて可愛い。
気持ちよさそう~。
10月6日(火)配信分のスタパビジョン、楽しみ~。


北九州市立大学で円盤型飛行ロボットが特別公開 ~UFOにも見える飛行ロボット

20090924_robot.jpg
 また災害時にラジコンヘリの操縦者が確保できるという保証も無い。
 そこでラジコンヘリよりも、安定していて、誰にでも操縦でき、また墜落時の被害軽減のために軽量化した飛行ロボットを開発することとなった。
 その結果として開発されたものが、今回公開実験が行なわれた円盤型飛行ロボットだ。
 その構造はシンプルなもので、8個のモーターとプロペラ、それに中心部に無線受信機とリチウムポリマーのバッテリを載せる場所がある構成となっている。
 それゆえに軽量化と低コストが実現できたロボットだといえる。


操作が簡単ならやってみたいかも。
飛行ロボットにカメラを載せ、撮った映像が面白い。

今時の高校生は面白い事やらしてもらってるなぁ。
自分の時は(中学だけど)せいぜいペットボトルロケットやスライム作り、
牛乳パックにケーキ素材を入れ、アルミホイルから100Vの電流を流して
「自動で焼けて焦げないケーキ焼き機」作ったり。
(キテレツ大百科にもちょろっと出てくるやつ)

科学部と技術部とサッカー部と演劇部に同時に入ってて忙しく、
サッカー部の練習サボってサブリーダーの同級生に問い詰められた時、
練習終わりで身体が甘い物を欲してる部員たちにケーキを振る舞い、
「これもみな科学部部活動でして……いひひ」
「こんな物で俺が釣られるとでも……うまいがな」
と買収する学校生活でした(笑)


【更新】9月の「Mac OS」のシェアは5.12%、「Safari」のシェアは4.24%
「Firefox」のシェアは23.75%で、8月は22.98%、7月は22.47%、6月は22.43%、
「Internet Explorer」は65.71%で、8月は66.97%、7月は67.68%、6月は68.32%
Published: 2009/10/2 0:03


単純にこのペースだと、来年の今頃はIEシェアが50%近くなりそう。
過半数割れって事は、世の中が変わるって事だからねぇ。


Appleタブレットは、新聞・教科書・雑誌の定義を変える : Gizmodo Japan(ギズモード・ジャパン), ガジェット情報満載ブログ
090930_apple-tablet-natgeo.jpg
NYタイムズ関係者2人から別々に聞いた話によると、同紙には6月にアップルの方から「新端末」に同紙のコンテンツを流す件でアプローチがあったそうです。なんでもR&Dラボで随分前から、キーボードやマウス抜きにナビできるような、Adobe Airを使ってWindowsタブレットはじめ複数のフォーマットで表示できる新聞のバージョンの研究を進めているんだとか。


「もう誰も本なんか読まない」
「iTunesで教科書配信」
て世の中になるかは分からない。
レコードがCDに、CDがネット配信になったように、
紙の本もタブレットになる日が来るのだろうか。

音楽は「ライブ」があるのでネット配信でもいいけど、
漫画や小説、ノベルゲームは「メディア配布する」という形式が無くなると、
即売会が立ち行かなくなってしまう。
「ライブ」というか「生のコミュニケーション」まで無くなってしまうのは嫌だなぁ。
甘いもので買収でけへんやんw