(水) 00:29 日記
 張っておきます。

 タクシーの運ちゃんに案内してもらった石巻の被災遺跡、寺の次から。
20130506_3537.jpg

 石巻市門脇小学校。津波で火災に遭った。児童は避難して無事だそうです。

 女川一駅手前で代行バスへ乗り換え(その一駅の途中で線路と駅ごと被災で無くなった)
 女川のEL FARO - エルファロ - 被災地初のトレーラーハウス宿泊村、何も無い更地に転がった建物が三つモニュメント。
 女川原子力発電所から五十キロ圏内。
 海産物ショップ、女川の復興商店街二箇所。
 特にお茶っ葉屋さんではお茶やお茶請けを戴きつつじっくりお話を伺えました。
 テレビは通っておらず、ラジオがメインメディアだというのは、二年も経つのに驚きでした。

 気仙沼復興商店街では剥きたての生のホヤを産まれて初めて頂いたり、トボトボ雨の中被災地を歩いていたら陸に乗り上げた船に遭遇したり(被災を忘れたいという声から撤去する動きがあるそうです)
 奇跡の一本松はちょっとした大仏のように多くの人々の願が掛けられていたように、一種の神聖さを感じました。(その割りに枝振りが違うから切ってつなげなおすとか枝葉末節な議論を聞きますが)
 旅行資金が足りなくなり、検索して「陸前高田駅前にATM無いな〜」と思って現地に行ったら街ごと無くなっていて呆然としたり。己の無知を恥じました。